こちら が 深淵 を。 深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ

深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ

こちら が 深淵 を

「深淵を覗く時深淵もまたあなたを覗いている」とは• 19世紀の者の言葉。 向けにごくごくまれに付けられる。 ここではに2. を扱う。 概要 ずっと見てるとこっちがヤバくなってしまいそうな・向けにごくごくまれにこのがついている。 というかなんというか、病級者向け。 深淵に見えてるけれども浅薄なのかも知れない。 【補足1】「深淵を覗き込む時深淵を覗いているのだ」は、の言うの。 すべての可に当てはまる。 【補足2】の言葉の出典は『善悪の』番。 正確には次のように言われる。 怪物と戦う者は、自ら怪物にならぬよう用心したほい。 あなたが長く深淵を覗いていると、深淵もまたあなたを覗き込む。 Und we du lae in nen Abund , t der Abund ch in dh hi. 「」ってとそんなにちがわない。 ずっと覗いていると覗き返してくるというのだから、ヤっと覗くくらいだったら気なのかも知れない。 :GNQ C 0 は 嫌いなんだけど ここまで個人に するやつにはさすがに使わせてもらうわ この言葉か? 「深淵を覗き込む時、深淵を覗いているのだ」 | 関連動画 向け…かな… 関連商品 関連項目• (元出典:).

次の

深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいている|kooh|note

こちら が 深淵 を

赤枝様のご意見、ニーチェ哲学の真髄を言い当てていると思いました。 示唆に富む考察です。 そのご意見に、恐縮ですが少し付け加えさせて頂きました。 ニーチェの哲学はキリスト教を抜きにしては語れません。 キリスト教の教義というより、19世紀後半の時代が、キリスト教を中心として成り立ってきた西洋の精神世界と、それによって展開していた実社会がその活力を失い、生命(いのち)の炎が消えかかっていた時代だったという背景があります。 それを認めなければ、 質問者様の好きな「深淵を覗くとき、深淵もまたこちらを覗いているのだ」という言葉の意味に肉薄できないのではないか、と私は考えます。 大雑把に申し上げるならば、人間の精神はルネサンス以降、徐々に神から遠ざかっていくようになり、17、18世紀の啓蒙主義時代を経て、20世紀直前のニーチェの時代には、神抜きの人間中心の思想とか哲学がはびこりつつあったのです。 その代表的なものが、神の創造論を根底から突き崩そうとするダーウィンの進化論であったり、マルクス・エンゲルス等が打ち立てた、唯物的無神論である共産主義思想なのです。 (これらは、科学的だとうそぶいていますが、科学的に見ても、欠陥の多い思想です。 その辺の考察は別の機会に) 神学の領域においても、、聖書やイエスの存在を「信仰的」にではなく「史的」(史実としてどうなのかという考えの取り組み)にアプローチする方法論が芽生えつつ... ロード中...

次の

闇を覗くものはまた、闇からも覗かれている。

こちら が 深淵 を

閲覧されているのはWebか?人か?名探偵アルゴリズムによる分人化 それこそ中二びょ... ではなく、中学二年生の時にこのことばを知ってなんだかよくわからんがかっこいいなとおもっていた。 ドイツの哲学者フリードリヒ・ニーチェの著作「善悪の彼岸」の146節にあることばだ。 The abyss gazes also into you. 深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ。 当事はなんだか闇っぽくてかっこいいな〜くらいにしか思っていなかったのだが、最近この言葉がどうもデジタル社会と分人の関係を言い得ているなと感じたので、備忘録がてらまとめておきたい。 そして、ちょうどいいのでのマガジンにおける分人とは何かという説明の一貫としてこの記事を位置付けておこうかと思う。 (もちろんこの記事だけでも簡潔するので前後がわかっていなくても大丈夫です。 最後の方で私の分人が地味に大公開されているのでそこだけ見てもいいですよ笑) 目次 1. 分人の起源と管理社会(ドゥルーズ的な分人とは) 2. GAFAの名探偵たち 3. あなたの人格は何に使われるか 4. 閲覧されているのはWebか?人か? 5. 見られているという意識が変える人の人格(フーコーの監獄「パノプティコン」) 6. あなたの(ドゥルーズ的)分人をブラウザから確認してみよう! 分人の起源(ドゥルーズ的な分人) 分人というと平野啓一郎さんの分人主義が思い浮かびやすいと思うが、分人(Dividual)という概念は、フランスの哲学者であるジル・ドゥルーズの著書「記号と事件 1972-1990年」における「管理社会について」という論考が初出であったとされてる。 人間の行動が監視され、それが記録となって残る社会において、人間は個人ではなく分人であるという。 これはどういうことかというと、自分の振る舞いが保存されているデータとしての自分は、もはや個人に集約できるものではなく、分散させられてしまっているということだ。 デジタルアイデンティティということばがあるように、今の「私」はデジタルなデータを含めての「私」であり、それらが世界に偏在してしまうという現象は、確かに「私」の分散であると捉えることもできる。 GAFAの名探偵たち もっと具体的に考えてみよう。 例えば、ゴルフバッグをAmazonから購入したとすると、購入したという履歴がデータとして収集される。 こうした購買をAmazon上で繰り返すとデータが蓄積され、購入者がどのような人物でどのような趣向の持ち主なのかがわかってくるようになる。 こうしたデータの蓄積は一つの人格を作り出すのである。 この人はどうやらゴルフが趣味で、この時間はゴルフグッズを見ながら暇を潰し、気に入ったものがあれば購入する。 その時間は平日の朝と夕方に定期的に発生しているのだから、おそらく彼はこの時間に通勤しているはずだ。 ちなみにゴルフグッズの購入履歴に混ざってダイエット器具も購入されているから、ゴルフはダイエットもかねて彼にとっては一石二鳥なものなのかもしれない。 そういえば、この人はAmazonプライムビデオにも入会していて、週末はアクション映画を見ている。 どうやらスポーツも好きだがアクションも好きなようだ... といった具合にデータが増えれば増えるほど、まるで名探偵が行う推理のように人物像が明確になっていく。 あなたの人格は何に使われるのか 企業はこうした人格のデータに基づいて、レコメンドを行う。 Amazonであれば、その人が買いそうな商品をおすすめする。 そして当然、あなたの人格を推理しているアルゴリズムの名探偵はAmazonだけではない。 GAFAと呼ばれる巨大テック企業をはじめに、デジタル上でのほぼ全ての行動はトラッキングされている。 中でも名探偵グーグルや名探偵フェイスブックは強力で、世界人口の半数以上の人格を把握している。 こうしてあなたから分離された分身の人格、すなわちあなたの分人は、あなたの知らないところであなたについての情報をリコメンドシステムに告口しているのである。 さらに、こうした人格データはAIの学習データとして非常に有用だ。 AIという人格をつくるのだから当然、自然知能である私達のデータは人口知能をすくすくと育てる餌になる。 (この餌は個人情報という高価な餌で、最近では「現代の石油」と言われるほどに重要な資源となっている) もし分離された私達のデータがより高度な知能として変容したらどうなるのだろうか?DataはデータマイニングによってKnowledgeになり、KnowledgeはAIによってWisdomになる。 気づけば、あなた以上にあなたの欲しいものを知っていて、あなた以上にあなたらしいことを言うような異質な知性としての分人がAIという形でひょこっと出てくるかもしれない。 ちなみに私も自分のプロダクトで、ユーザーのデータをトラッキングしているが、こんな感じで簡単にデータがとれてしまう。 私の場合はユーザーのデータからデザインや価値を見直し、プロダクトをよりよくするために行なっているものの、一つの監視であることは否めない。 (データは匿名化しています) 閲覧されているのはWebか?人か? さて、ようやくこの記事のテーマであるこのことばに入れる。 The abyss gazes also into you. 深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ。 一般にWebは閲覧するものとされる。 しかし、トラッキングによる分人化を考慮すると、私たちは「Webに閲覧されている」と言えるかもしれない。 Webという宇宙が深淵であるのだとすれば、より多くの情報を欲しているのは私達ではなくWeb、もっと言えばAIの方なのかもしれない。 そして今、深淵の側(つまりWebやAI)はものすごい勢いで進化している。 私達もなんらかの形で進化しなければ、もしかすると「Webを閲覧する」というコンテンツに対する人間優位の暗黙の前提が逆転してしまうかもしれない。 見られているという意識が人格を変える(フーコーの監獄「パノプティコン」) こうした深淵による「人間の閲覧」は人間に大きな影響を与えることは間違いない。 かつてはユーザーがトラッキングされているという意識がそこまでセンシティブではなかったが、欧州を中心に個人情報の観点で非常に関心が高まっている。 GDPRと呼ばれる一般データに関する保護規制は、欧州による西海岸への宣戦布告とも言われており、欧州vsGAFAという対立構造もなかなか顕著になってきている。 (日本はまだまだ疎いのでちょっと心配ですが... ) こうした運動によって意識が高まってくることで、デジタル社会のあり方について議論が活発になることは歓迎すべきだ。 しかし、人々のWebに閲覧されているという意識が高まることで、人々のあり方自体も何らかの方向に変化していくのではないだろうか。 言わずもがな、誰かに見られているという意識は私達の振る舞いを大きく変化させる。 このような目に見られているからこのような振る舞いをするという発想はとても自然だ。 (こちらはちょっと平野啓一郎的な分人にも通ずるところがある) 最小の看守で最大の囚人を監視する監獄、パノプティコンを引き合いにしたフーコーは「監視の視線は内面化する」と述べたが、人はその周囲を囲む視線との相互によって形作られていくのである。 (パノプティコン:中央の監視塔が全ての囚人を最大効率で監視することができる。 またその監視できるという事実そのものが囚人の振る舞いを抑制する) 「わたし」の存在がもし視線に依存して形成されていくのであれば、深淵(WebやAI)からの視線が強化される未来において、「わたし」そのものが変化していくかもしれない。 先ほど述べたようなDataからWisdomとなる私達の分人は、私達をより強い眼力で見つめてくるようになる。 そしてその私達の分人は知能の共有部分と個別部分をもっている。 共有部分とは多くの人に当てはまる傾向で、個別部分はパーソナライズされた本人にのみ当てはまる傾向である。 例えば最新型のアイボは飼い主のデータストレージと、全ての飼い主たちの集合データとの両方を参考にして行動するという。 となると、私をみつめる分人は私の個人知能と私達の集合知能があわさったもっと異質な人格となるはずだ。 共有部分の多くの人々、つまり他者と「わたし」の集合体からの視点とはいったいどのようなものになり、「わたし」の内面をどのように変化させるのだろうか? この問いはこれからの未来の人間観を考える上で一つの重要な視点になるかもしれませんね。 自分の(ドゥルーズ的)分人をブラウザから確認してみよう! さいごに、自分の分人を確認できるちょっとしたツールをご紹介します。 グーグルではリコメンド広告を自分でカスタマイズできるのですが、これをカスタマイズする時に、広告を提示するデータ的な根拠をリストアップしてくれます。 そのため自分がどのような人格と見なされているのかという情報が簡単に確認することができます。 試しに自分が名探偵グーグルさんにどのような人だと思われているのか確認してみると面白いですよ! 私の場合はこんなかんじ(地味にプライバシーが大公開されてる... 笑) このから自分のデータが確認できます。 ぜひやってみてください! さいごに どうもトラッキングの話をするとディストピア調な内容になってしまうのですが、もっとポジティブな未来観を可能性として提示できるようになりたいなーとおもいます。 今回はドゥルーズ的な分人を簡単にまとめてみましたが、外してはいけない平野啓一郎さんの分人主義について言及できていません。 次回あたりで平野さんの分人主義に触れながら、それがどのような形でアップデートされていくのかという、私なりに考えた未来の話についても少し紹介したいと思います! まだまだ未熟者ですがちょっとずつアップデートしていくのでみていただければ幸いです。 感想などお待ちしておりますmm.

次の