英訳 excite。 weblioとexcite翻訳、または他のお勧め英訳サイト。

【翻訳のコツ】 4:英訳しやすい表現に調整 : エキサイト翻訳・オフィシャルブログ

英訳 excite

うまく翻訳できない…そんなときは? きれいに翻訳するコツのご紹介第2段。 2.長い一文は短く分解しましょう。 【例1】たとえば次の例文。 : I have forgotten to buy a carrot. 2:私の母がそれを買った。 : My mother has bought it. 3:私はカレーを作ることができた:I was able to make curry. しかし、母親はそれを買いました。 したがって、私はカレーを作ることができました。 思い通りの文意に仕上がりました。 いかがでしたか? 文を区切るとうまく訳できるのは、翻訳エンジンが「主語+述語」に沿って 構文を読み取りやすくなるからです。 そのため、 「~のような」「~みたいな」など婉曲の言い回しや、 「~してしまう」「~してくれる」「~というかたちで」「~としましては」など、 文意に不必要な部分を削ぎ落とすことでも翻訳の質がアップします。 本日の「翻訳Tips」はここまで。 第3段もお楽しみに!.

次の

【翻訳のコツ】2.長い一文は短く分解 : エキサイト翻訳・オフィシャルブログ

英訳 excite

【回線速度】 ゴールデンタイム以外は地域一早いです でもゴールデンタイムは0. しかし実際自分が19時から0時までの間オンライン対戦が全くできない状態に陥り愕然としています、ガンダムオンラインは機体がワープしつづけ、対戦格闘もワープ、そしてこの状態はどんどんと悪くなり、遅いだけではなく、ジッター値も悪く、PINGも遅いです。 マルチセッションでエキサイトを試してみました。 時間帯によって速度のバラツキが大きいのは他の方が仰っているのと同じです。 私の場合は概ね15M以上出ていることが多いですが,たまに3Mbpsくらいになるときもあります。 【ご利用料金】 値段は最安と思っています。 ワンコインなので,サブ的に使うならおすすめです。 【サービス】 エキサイトの格安simを持っていたので,アカウントが共用でき,申込みもすぐでした。 【総合】 メインはソフトバンク光なので普段は不自由しません。 SBが概ね100M以上 IPoEですが 出ていることを考えると,15M程度のエキサイトはやっぱり遅いと評価するしかないでしょうか。 速度を求めて光回線にした方が選ぶプロバイダではないと思いますが,とりあえずネットを・・・という位置づけなら,ありだと思います。 サブ的な位置づけとして,来訪者用と,パソコンをセットアップしたりするのに臨時的に繋ぐ回線として利用しています。 【回線速度】 時間帯のもよりますが、最悪です。 IPoEに変更しても 他の大手のプロバーダーPPPoEと同じ速さ(Chromeで測定すみ)。 時間帯によっては、全くダウンロードしません。 動画も止まります。 【ご利用料金】 安いが、格安ではない。 【サービス】 電話につながらない(コロナのためかもしれない) メール返送もおそい。 解約させまいとあいまいな返事をしてくる。 強引に言うと、引き下がった。 【セキュリティ】 使用していない 【サポート】 サービスの項に同じ 【総合】 おすすめではありません。 会社の持っている回線の幅が狭いのだろうと思います。 2〜3年前から経営が変わったようですが。 安さで若者をはじめ、多くユーザーとして持っているのでどうしても遅くなるようです。 しかしながら、場所によっては速度が速い場所もあるようです。 街中ではだめのようです。 IPoEもすぐにいっぱいになると思われます。 早朝時間帯は上下600Mbps以上の速度が出ていましたので、ネットワークの混雑によるものとはわかっていました。 ただし、早朝時間帯でも上下300Mbpsを超えることはなく、リミッターがかかっているようです。 契約が1Gbpsなので欲を言えば8割程度の速度は出てほしいところですが、実用上は十分な速度なのでとりあえずは継続利用の予定です。 【回線速度】特に問題なし 【ご利用料金】高くもなく安くもなく 【サービス】当初、価格コムのページから申し込みをしたところ、excite MEC光のホームページから申し込んだ方がお得と言われ、わざわざIDを作り直して申し込みました。 開通手続き料が無料、月々の料金が12ヶ月間425円割引になるというサービスで、今回、解約するにあたって、10000円の解約事務手数料を要求されました。 今回の解約は、コロナウイルス禍による収入減に伴う引越しのためだったのですが、この状況で10000円取られるのは正直きつい。 1年以上加入する方以外には勧めません。 【セキュリティ】特に問題なし 【サポート】解約に際して何度もサポートセンターの方と電話で話しましたが、基本、丁寧な対応でした 一人、横柄な方がいらっしゃいましたが。 【総合】解約事務手数料のことがなければお勧めできます。 musen-lan. NTTPC WebARENA 1: 243. 28Kbps 30. NTTPC WebARENA 2: 189. 2Kbps 23. 28Kbps 30. 【ご利用料金】 4,796円(戸建て) 【サービス】 excite光 【セキュリティ】 特になし。 【サポート】 特になし。 求めたこともない。 【総合】 確かに混雑時は10mbpsをうろうろすることもあるので、混雑時も速度が欲しい人には向かないかも。 しかし、安さなら大手携帯の光セット割引と比べても安い。 ルーターは最新のもの(ギガビット対応タイプ)を使用したほうが速度が出る。 ルーターが古い人はルーター付きプランを考えてもいいかも(exciteにはない)。 MEC光やipv6も注目したが、普段使いで100mbps以上出てれば特に不満がない。 当分続けると思うが、縛りもなく、魅力あるプランが出ればいつでも乗り換えられる気軽さもいい。 【回線速度】 日中帯はダウンロード速度100Mbpsを超え、満足する速度。 逆に夜間帯はダウンロードが1Mbpsくらいしか 速度は出ません。 (なぜかアップロードは夜間でも60Mbps程度でます。 ) 大体19時ごろから低速になるため、平日はほとんど使い物にならない。 【ご利用料金】 キャンペーン価格が適用されているのでその間はまだ良い。 通常価格ではありえない。 【サービス】 特に利用はしていない 【セキュリティ】 特に利用はしていない 【サポート】 速度が遅い以外の対応はスムーズにしてくれるが毎回コレクトコールになるためサポートを受けるためにも 高額の電話代がかかる 【総合】 日中にしか利用しない人にはおすすめ。 日中仕事をしていて自宅でインターネットをするのが夜間の方はには 全くおすすめしない。 【回線速度】 ピークタイム1Mを切ります。 0.5〜0.9くらい。 ただしそのピークタイムが以前と違います。 8時半から10時半ぐらい。 それ以降12時半ごろまで2M〜5M程度で推移して、徐々に回復します。 明け方など300Mを越え500Mに達することも珍しくありません。 【ご利用料金】 安いです。 他回線サービスも下がりつつあるので競争力が低下しましたが、一戸建てでは一番です。 【サポート】 電話対応はいまいちですが、メールの反応は早いです。 数分後に普通に回答が返ってきたりします。 【総合】 今年の台風15号. 19号以降、急激に悪化しました。 NTTが影響を受けたのかと問合せをしても、そちらではなくexcite自体の問題だと正直に回答が返ってきたので、ああと納得しました。 多分ひかりTVの契約数が激増したのだと思います。 ピークタイムが、普通のネット接続時間ではなく、テレビの視聴時間と連動しているようだからです。 そういえばこちら千葉では、15号台風でことごとくTVアンテナが倒壊していたので、鞍替えした人が一度に増えたのだと思います。 いずれ対応できるのかもしれませんが、とりあえず私は解約してプロバイダを変えました。 速度が以前と同じく速くなったので、最近できたの事業者変更の仕組みは便利だと改めて感じました。 【回線速度】 朝や昼間は200〜300Mbpsほど出る。 ただ、パケットロスは常に発生するので、オンラインゲームなどには向かない。 【ご利用料金】 価格comからのキャンペーンで加入するととにかく安い。 【サービス】 特に無いが、ひかりTVの営業電話をかけてくる。 かけてこないでほしいと言っても、かけてくる。 【セキュリティ】 特に利用せず。 【サポート】 応対は丁寧だが、回線に関して改善の予定はないとのこと。 【総合】 安かろう悪かろう。 朝や昼にメインにつかう、かつ回線が安定していなくても良い人によってはコスパが良い。 夜の利用がメインで、オンラインゲームや株取引をするような人は向いていない。 【回線速度】 夜間の下りがおそすぎる。 IPv4, IPv6ともに、2Mbps出れば御の字。 しかもパケロスも多々発生。 動画は全く見られない。 通常のブラウジングもストレス。 ベストエフォート1Gbpsだとしても、下り2Mbpsはありえない。 上りは常時200Mbps台が出る。 フレッツのサービス情報サイトで確認すると、 NGN網の中では上下200Mbps台がでるので、インターネットの下りが遅い原因はどう考えてもエキサイト。 サポートに問い合わせると、通信量増加のため、一律で通信制御をかけているという。 つまり、自分がどれだけ利用していようと、夜は全員下り2Mbps台になる。 激安だが、安かろう悪かろうと書かざるを得ない。 夜以外は、上下200Mbpsほど出るので、夜に使わない人にとっては最高かもしれない。 【サポート】 対応は丁寧で、不快な思いはしないが、回線が遅いことへの対応策はなし。 【総合】 夜にメインに使うので、現状はほぼ使い物にならない。 【回線速度】 東京都大田区・マンションタイプでネット接続・動画視聴程度では全く問題なし 【ご利用料金】 月々の低価格料金やキャッシュバックは無いものの、2年以上3年未満の約束の 単身赴任であり、2年・3年縛りの契約だと2年経過後の中途半端な期間を別の 高額な契約に切り替えたり3年契約の解約手数料払ったりとで結局キャッシュバックの 恩恵に授かれないならと、価格. comスタッフが案内してくれたのがここ。 月々の実質料金とかは他に安いプロバイダがあると思いますが、それでも自宅では 戸建てのソフトバンク光使っているので、マンションタイプの価格は十分安く感じる。 【サービス】 電話の応対サービスは即レスは無いものの翌日以降の早い時間とかで連絡くれる ので、特に不便は感じなかった。 無線LAN無し契約だったんだけど、終端接続装置っていうの?LANポートが 1個しかないので、部屋内のWifi環境整えるのとPCを有線LAN接続するのに、 たまたま買ってあったルーター使いました。 契約金額がどれほど違うか分から なかったけど、きっと短期間の契約のつもりなら別買いせずに無線LAN込みの 契約の方が良いと思う。 【セキュリティ】 個別のセキュリティは不明。 セキュリティは自己責任だと思ってるし。 【サポート】 お金を払えばセッティング等のサポートが受けられますが、1〜2回くらい自分で 回線接続の立ち会いとかしたことある人なら問題ないと思う。 【総合】 いつ入会・解約しても日割り計算で料金決まるのは、数年の不定期単身赴任や 引っ越しするかもしれない学生さんとかにはありがたいんじゃないかな。 そういう方にはおすすめです。 【回線速度】 ダウン60. 2Mbps、アップ97. 11ac対応のUSBドングルを追加し、802. 11ac対応のルータ使用 【ご利用料金】 初年度は1500円で済むのもオトクでした。 その後3500円となるのが、以前ADSLでADSL12MコースTYPE1月額料金2,030円 税込 とADSL TYPE1 NTT東日本回線使用料129円 税込 で済んでいたのに比べて1500円程度アップとなるのが不本意ですが、GByte単位のファイルアップロードを月何回もすることもあり、そう考えれば、必要費用と納得しました。 【サービス】 ネット接続しか使わないので未評価 【セキュリティ】 ネット接続しか使わないので未評価 【サポート】 自力であっさりつながったので未評価 【総合】 【回線速度】 値段がやすかったこと、評判も 契約したばかりのころは あまり悪くなかったため、 SoftBank光から乗り換えました。 日中はそこそこのスピード 100Mbps〜 で通信できるため、ストレスを感じませんが、 夜 20時頃から 、極端にスピードが低下します。 しかもほぼ毎日。 動画ストリーミングなんてもってのほか、WEBサイトの閲覧、SNSすらままならない ほどの速度低下です。 スピード測定を行うと、1Mbpsを切るなんてこともしばしばで、スマートフォンの 4G LTEの方がよっぽど快適です。 【ご利用料金】 ただでさえ安いうえ、価格. comのキャンペーンで、1年間割引されるため非常に安い。 2000円以下 でも、キャンペーン適用条件が最低1年契約 違約金1万円 なので、夜間使い物に ならないからといって、簡単に解約出来ない。 【サービス】 上記の通り、とにかく夜間の速度低下が深刻。 【セキュリティ】 特になし 【サポート】 サポートは迅速な対応をしてくれる。 ただし、速度低下についての問い合わせの回答はは、公平制御のため、 と言われるだけで、全く解決策なし。 【総合】 値段がとにかく安くしたい、夜間使わない人以外やめておいた方が良い。 数百円高くても、他のプロバイダを選んだ方が後悔しません。 【回線速度】 体験前の接続サービス業者よりも、だんぜん回線速度は速かったです。 極まれでしたが夜の22時から24時の間に、若干速度が落ちるような事がありましたが、ストレスになるほどではなく動画サービスなども遅延なく見ることもできました。 【ご利用料金】 2か月間の無料体験を利用しました。 通常は税抜き700円。 【サービス】 単なる接続サービスなので、これといったサービスの利用はありませんでした。 【セキュリティ】 サービス項目同様、これといったサービスの利用はしていません。 【サポート】 最初に開通・利用可能メールが届き、そのまま利用できます云々の内容が記載されていましたが、実際にはインターネットに繋がらず。 ルーターの設定変更するということがわかりメールでのやり取りでしたが、設定方法を分かり易く教えて頂きました。 基本メールでのやりとりでした。 【総合】 IPv6の速度を体験したくて申込をしました。 無料体験期間が終了して以前の接続サービス業者に戻りましたが、今では動画なども遅延やフリーズなどが多く、ネットもなかなか早く表示されません。 やはりIPv6の接続は良いです。 他の接続業者のIPv6サービスはわかりませんが、私が利用した期間ではMEC光は特に問題はありませんでした。 また、無料で体験できるのはとてもありがたいですし、最低利用期間などの縛りもなく接続サービス利用だけでIPv6利用が1000円を切っているのは良いのではないでしょうか。 (IPv6対応のルーターを所持していること前提とはなりますが).

次の

「彼は興奮しています」の英訳はHe is excited.ですけど、He is exciting....

英訳 excite

こんばんは。 私にはちゃんとした回答はありません。 ただ、ざっくばらんに書かせていただきます。 というのも、Web翻訳などは、どれも同じだと思っているからです。 単語を調べるなら、アルクのWeb 英辞郎には例文なども多くて良いかもしれません。 しかし、翻訳はありません。 今の翻訳ソフトのベースは、湾岸戦争がきっかけで作られたという記憶があります。 それを、日本の会社数社が購入し、各社で味付けしたそうです。 チョムスキーの言語学を応用したとか、その頃は画期的だったかもしれませんが、あれから30年で、ソフトウェア自体はほとんど進展はありません。 日本の長尾真氏の機械翻訳理論は、それを遥かに上回るものだと信じていますが、Web翻訳にしろアプリにしろ、反映しているようにはありません。 長尾真; 1991年 機械翻訳国際連盟・言語処理学会を設立、初代会長 さて、本題のご質問。 Weblio は悪くないみたいですね。 私は、この手の情報は遠ざかってしまいました。 私自身は、アルク か英英辞典 になると思います。 今、これに関連した問題で頭を抱えています。 もう何週間になります。 ここのカテゴリで以前の質問者さんに翻訳ソフトの回答しました。 その方と同じく、私も翻訳ソフトの購入資金を用意していたのですが、今回、翻訳ソフトを購入するのを見送ることにしました。 その代わり、翻訳メモリのOmegaT フリー を人に勧めた以上は、こちらもきちんと使いたいと思い、あれこれ試しています。 注意:OmegaTは、翻訳ソフトではありません そこで、OmegaTの組み込みの外部機械翻訳として、Microsoft の Azure のAPIを使った機械翻訳のMicrosoft Translatorの登録をしたのですが、ほとんど翻訳されないのです。 早い話、一般的には、「Bing翻訳」ですが、その翻訳エンジンを使うということです。 MS-Wordのオプションの翻訳とほぼ同じです。 しかし、組み込み型の機械翻訳は、最初、自分の設定が悪いかと思ったら、そうではなかったようです。 エンジンが訳せないのは全部エラーにして返事をしてくるようなのです。 Googleにも同じようなAPIがあるのですが、そちらは、有償なので諦めています。 以前は、無料だったのです。 別に機械翻訳などアテにはしないものの、時々、長丁場には単語の読み違えで、不注意のポカがありますので、その防止策として考えたのですが、現在の所、絶不調です。 結局、Webの機械翻訳なしで使っているわけなのです。 もう一つ、辞書も自分で作らなくてはならないわけです。 英辞郎の中身を取り出して、アプリに認識できるように作り変えるわけです。 今のところ、辞書機能もなしの状態です。 OmegaTは、人気の高いアプリではあるけれども、スクリプト系の言語の強い人のほうが良いようです。 ただ、いろいろ調べていく中でわかったことは、翻訳エンジンそのものは、高級アプリも3,000円ぐらいのアプリでも会社が同じだと中身も同じなのです。 もう一つは、矛盾した話なのですが、辞書の単語数が多いものがあると、アプリ側は、正しい役を示さない、ということです。 市販のものですと、LogovistaやPC Transer, The 翻訳, Atlas とか、名前が浮かんできます。 中でも、Logovistaは、この分野では、一番古いそうです。 また、その中で、会社や設計者の考え方がソフトウェア上にも色濃く出てくるものは、あくまり良いものとは言えません。 日本独自の機械翻訳は、一体、いつになったら実用化されるのでしょうね。 ところで、自分の語学力の向上という、別の問題があります。 私の場合は、最初は学校の英作文程度からで、いきなり教えてくれる先輩が辞めて、急に担当になって始めました。 相手から、ここが分かりません、と指摘を受け、恥ずかしいと思いをしながら、その文章を書き換えます。 そんな、なんやかんやを2~3年、繰り返して、メールの書き方を覚えました。 最初は、Telexや電報でした。 会社のメールはパターンが決まっていますが、技術関係は単語のちゃんとした意味を知らないと、取り返しのつかないことになるのを、最初の頃は知りませんでした。 後々、一つの間違いで、何年もそれで苦しむことになろうとは夢にも思わなかった単語があります。 それは、"tolerance" 公差 という単語でした。 まず、日本語の方を知らなかったです。 intelligent... この単語の意味も深かったような気がしますね。 質問主のStrawberryParfaitです。 WindFallerさん、回答ありがとうございます! ログインができなくなってしまい、別IDからのお返事で申し訳ありません。 とても専門的な分野で英語を使ってらっしゃるのですね。 WindFallerさんのお勧めの英英辞典は私にはまだ早いようです。 ただアルクは使えそうですね! あと、おもしろい記事のURLをありがとうございます。 英語から日本語への翻訳であれば、weblio>アルコム>google>エキサイト といった感じでしょうか。 自分はweblioになじみがあるので、これからも使っていくことになりそうです。 数学的な意味合いのようですが、wikiを読んでもピンと来ず・・。 けどこういった難しい英語を普段使われているのですね。 感心します。 しかも最初の頃は電報だったんですね!懐かしいです。 そういった時代から英語を習得されていったというのは歴史を感じますね。 私も頑張って見習いたいと思います。 実家に帰省しているのですが、IDが分からずログインできなくなってしまって、別途IDを作っての返事になります。 回答するという形でしかお返事できず申し訳ありません。 気付かれるといいのですが汗 皆さん、回答ありがとうございます! 私の説明が悪いせいで少し誤解を与えてしまったようです。 翻訳をしてくれるサイトは私も当てにしていません。 日本語を英語にしても、またその逆もおかしな訳になるからです。 ただ、便利なのはカーソルでなぞるだけで単語の意味が分かったり、発音の音声が聞けたりするところです。 私の使い方としては、まずは本文をgoogle翻訳サイトで直訳して、大体の意味を掴んでから、ひとつずつ単語を調べていきます。 分からない言い回しはgoogleで検索して他の英語の勉強サイトなどを参考にしています。 weblioは主に例文と音声を参考にしています。 ただやはり間違った例文が載っているようで、友達にexciteがいいと勧められました。 私としてはどっちも間違ったことは載ってると思ったので、せめてどちらがいいか質問させてもらった次第です。 皆さんは何の辞書を使っていますか?できればアプリで電子辞書の代わりになるものが欲しいと思っています。 けれど最近逆にビックリしたのが、音声認識アプリで、わたしの言ってることをとても正確に聞き取ってくれるということです。 最初、意味が分からなかったのですが、Romaでハッとして理解しました。 有名な言葉から英語を覚えていくのも一つの手ですね! また、翻訳サイトの精度はまだまだですが、日本語を書き込んで音声を聴くと、意外なほど綺麗な日本語を喋ってくれます。 なので、発音に関しては 何もないよりかは 参考になると思っています。 翻訳サイトについては、どうしても急いでる時1,2度使いましたが、一応話は通じましたが、相手がどう受け取ってるか謎です、、笑 それと一応相手の方には、自分は英語がまったくできないので、ネットで訳してもらったりしている。 と伝えてあります。 確かに、日本人は何も知らない女性が好きで、外国人は賢い女性が好き。 なぜなら会話をしていてその方が楽しいから。 というのは聞いたことがあります。 ただ外国の方はこうだと決めつけるのは良くないなと思います。 本当にいつも助かっています。 この場所が無かったらやり取りなんて無理でした。 翻訳サイトや他の人に英訳してもらってばかりいますと、実際に会った時、問題です。 ご自分がメールで書いていた(はずの)単語や言い回しなども知らなかったりすると、あれ??っと思われますし。 日本はそうでもないですが、欧米などでは、intelligentな女性が好きという男性が多いです。 そして、メールでの付き合いでは、intelligentかどうかは、その人の書く英文で判断されることが多いですが たとえ、書く英語がどんなに素晴らしくても、会話があまりにもお粗末となると、これもまた、がっかりされる原因の一つになりえるかと思います。 ですので、少しずつでも、自分で英文を書く練習をしてみるとよいと思います。 いざとなったら、私も、こちらの皆様もお手伝いしますので。。。 質問者様が期待される答えには全くなっていないと思いますが、私も、No. 1様と同じように思います。 何年か前『英文を書く時は、翻訳サイトを使っている』という生徒さん(企業研修の受講生)がいらしたので、自分も試しに1,2度、翻訳サイトを使ってみたことがあります。 ですが、全くわけがわからない部分や主語が違っている箇所が出てきて、呆れるやら、笑うやら・・・。 ですので、それ以降、生徒さんには『翻訳サイトはわからないところ、2,3語、部分的に使うのはいいけれど、丸ごとは絶対避けること。 プライベートならまだともかく、仕事のメールは命取りになって、大変危険なので。 』と言っています。 その後、使っていないのですが、時々こちらに翻訳サイトを使って書かれたと思われる英語を拝見すると、あれから進歩していないんだなぁ・・・と思います。 翻訳サイトに頼りたくなるお気持ちはわからないでもないですが、やはりご自分で辞書で調べて書かれるようにすると良いかと思います。 (英語力は辞書を調べる回数に比例すると思います。 意味等がわかっていても、ほんのちょっとでも、気になることがあったら、迷わず辞書にあたってみるのがお薦めです。 ) 地道にそうやって、辞書の例文を参考に、自分で英作する習慣を続けていけば、もちろん英語の勉強にもなり、平易な英文ならスラスラ書けるようになりますが、翻訳サイトに頼ってばかりいると、いつまでもその道から抜けだせません。 Rome was not built in a day. 頑張ってください。 (いざとなったら、こちらに回答者の皆さんもたくさんいらっしゃいますし・・・(笑)) どのようなサイトも機械翻訳は「五十歩百歩」です。 機械翻訳は便利なのでわたしも使いますが、せいぜい参考程度にしかしません。 訳されたものをみておかしな場所は原文を見ます。 本当は英語原文で読んだほうが適切なのですが、外国語である以上は日本語のような速度では読めないので、時間節約の意味で使いますが、たぶん、本職の翻訳家も翻訳ソフトは使ってるように思います。 かなり時間が節約できるからです。 英語で読んで内容が理解できるのと、翻訳するのとはまったく別問題という面もあります。 わたしの妻 イギリス人 が、スマホにgoogleの機械翻訳を入れていて、たまにそれで訳すと、日本語で発声してくれますが、2人で試してみると、日本語に訳されたものは意味がわからないことが多いです。 英語訳もまた同じです。 また、入力の手間を省いて、英語や日本語で話すと音声認識してくれますが、わたしが話した日本語でさえ、音声認識はよくないです。 ましてや、わたしが話した英語などは、なかなかまともな英語に機械はきいてくれませんが、わたしが外国人に話て通じないということはありません。 人間の耳は素晴らしい能力をもっているようです。 結論をいうと、どの機械翻訳も「五十歩百歩」で、機械に正確に相互の言語は訳せない。 しかし、便利なので、妻は、ネットの日本語のホームページは全部、機械翻訳した英語で読んでいるぐらいです。 妻の弁では「おかしな英語だが、大筋意味はわかる」と言っていました。 これは英語など外国語のホームページを読んで訳してよんでみても同じだと思います。 意味がおかしいときは、わたしも妻もやはり、原文を見ます。

次の