アシュリー コール。 イングランド代表アシュリー・ヤングのプレースタイルは?サイドバックで重要な存在に

アシュリー・コール氏が強盗被害。覆面集団が邸宅を襲撃…宝飾品など盗まれる

アシュリー コール

トッテナムの指揮官に就任したジョゼ・モウリーニョは、これまで見てきた中で最高クラスの左サイドバックとして元イングランド代表DFアシュリー・コールの名前を挙げた。 アシュリー・コールは攻守両面ともにレベルが高く、歴史に名を残す偉大なサイドバックだ。 そんなアシュリー・コールと似た特長を持つとモウリーニョが評価するのは、今夏フラムからトッテナムへ加入した19歳のライアン・セセニョンだ。 セセニョンといえばフラムでプレイしていた頃よりガレス・ベイル2世などと言われていた逸材で、ウイングもこなせる攻撃的なサイドバックだ。 ベイルもプレイしていたトッテナムに引き抜かれることになったわけだが、ここまでは影が薄い。 才能は評価されているのだが、ややプレミアリーグの環境に適応できていないところがあるのだ。 英『METRO』によると、モウリーニョもまだサイドバックでプレイできる段階ではないと口にしている。 ただし才能は認めており、将来的にアシュリー・コールのような選手になれる可能性があると期待をかける。 「ライアンはファンタスティックだと思うし、フラムにいた子供の頃より彼のことを知っている。 プレミアリーグへとやってきたが、チャンピオンシップとは異なるよ」 「ライアンは左サイドバックでプレイできると思う。 2つの敵チームにいたが、ここ10年ではアシュリー・コールがファンタスティックだった。 ライアンにはアシュリー・コールと多くの共通点があり、彼は守備のやり方を学ぶことができる。 将来的に彼はサイドバックとなるだろう。 しかし、現時点ではサイドバックでプレイする準備ができていない」 攻撃性は認められているようだが、サイドバックには守備力も必要だ。 アシュリー・コールは守備面でも優れていただけに、まずはセセニョンも守備を学ぶ必要があるのだろう。 モウリーニョに育成してほしい選手の1人と言えるが、セセニョンは2、3年後にワールドクラスのサイドバックへと成長できているか。

次の

イングランド代表アシュリー・ヤングのプレースタイルは?サイドバックで重要な存在に

アシュリー コール

国内リーグ戦に限る。 2019年8月14日現在。 ( ) アシュリー・コール( Ashley Cole、 - )は、・出身の元。 現役時代のポジョションは。 全盛期は「 世界最高の左サイドバック」との呼び声も高かった。 経歴 [ ] 生い立ち〜クラブ [ ] 母は白人、父はからの移民。 歌手のと親戚関係にある。 地元の下部組織に加入し、クリスタル・パレスにレンタル移籍した後、アーセナルに復帰。 持ち前の突破力と的確なクロスでレギュラーを掴み、2001-02シーズンにはプレミアリーグとFAカップでそれぞれ優勝を収めた。 その後、2003-04シーズンの無敗優勝にも貢献し「世界最高の左サイドバック」と言われるほど評価を高めていく。 加入した序盤はあまり馴染めずにいたものの、徐々に順応していった。 2008-09シーズンはウェイン・ブリッジが移籍した事もあり、代えの利かないサイドバック選手として活躍し、プレーヤーズ・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。 2009-10シーズンは中盤戦に負傷離脱もあったが終盤に復帰。 チームメートのアネルカと共に異なる2つのチームでプレミアリーグとFAカップの二冠を経験した史上初の選手となり、またFAカップ史上最多である6度目の優勝を果たした(アーセナルで3度、チェルシーで3度)。 ファン投票による2010年度のイングランド・プレイヤー・オブ・ザ・イヤー 2010の最優秀選手に選出された。 2011-12シーズンにFAカップとUEFAチャンピオンズリーグの二冠を達成。 2013-14シーズンは恩師が復帰するも、自身の負傷もありにポジションを奪われた。 シーズン終了後の2014年5月、自身のTwitterで退団を明言した。 2014年7月、に自由契約で加入決定。 契約は2年間。 ASローマの歴史上初のイングランド人選手となった。 しかし、セリエAの環境になじめず、2015-16シーズン開幕前は、背番号3番を剥奪され、新加入のにつけられるという屈辱を味わった。 2016年1月に契約を解除し、正式に退団。 2016年1月に、イングランド代表のチームメイトのの所属するに加入決定。 2018年1月にロサンゼルス・ギャラクシーとの契約を1年間延長した。 2019年1月21日、とシーズン終了までの契約を結んだ。 なおダービーの監督はチェルシーやイングランド代表でチームメイトであった。 同年6月3日、ダービーは契約を更新しないことを発表し、退団。 2019年8月18日、プロ生活20年目を節目に現役引退を発表した。 代表 [ ] クラブでの活躍が認められ、の戦でイングランド代表デビューを果たし、2002年の日韓W杯では5試合に出場した。 これまでにワールドカップ3大会、EURO2大会に出場している。 2月6日のイングランド対ブラジル戦で代表史上7人目の100試合出場達成した。 5月、のメンバー発表前に監督から選外の連絡を受け、自身ので代表引退を表明した。 現役引退後 [ ] 2019年10月17日、古巣チェルシーのU-15チームのコーチに就任、今後は指導者を目指すことを発表した。 個人成績 [ ] クラブ シーズン リーグ カップ リーグカップ その他 通算 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 1999-00 1 0 0 0 1 0 0 0 — 2 0 2000-01 17 3 6 0 1 0 9 0 — 33 3 2001-02 29 2 4 0 0 0 7 0 — 40 2 2002-03 31 1 3 0 0 0 9 0 1 0 44 1 2003-04 32 0 4 0 1 0 9 1 1 0 47 1 2004-05 35 2 3 0 0 0 8 0 1 0 47 2 2005-06 11 0 0 0 0 0 3 0 1 0 15 0 通算 156 8 20 0 3 0 45 1 4 0 228 9 loan 1999-00 14 1 0 0 0 0 — — 14 1 2006-07 23 0 5 0 3 0 9 0 0 0 40 0 2007-08 27 1 1 0 2 0 10 0 1 0 41 1 2008-09 34 1 7 0 0 0 8 0 — 49 1 2009-10 27 4 2 0 1 0 4 0 1 0 35 4 2010-11 38 0 2 0 0 0 7 0 1 0 48 0 2011-12 32 0 4 0 0 0 12 0 — 48 0 2012-13 31 1 5 0 3 0 8 0 4 0 51 1 2013-14 1 0 2 0 1 0 5 0 1 0 26 0 通算 229 7 28 0 10 0 63 0 8 0 338 7 2014-15 11 0 2 0 — 3 0 — 16 0 2015-16 0 0 0 0 — 0 0 — 0 0 通算 11 0 2 0 — 3 0 — 16 0 2016 29 1 2 0 — 1 0 — 32 1 2017 29 1 1 0 — 0 0 — 30 1 2018 31 1 1 0 — 0 0 — 32 1 通算 89 3 4 0 — 1 0 — 94 3 2018-19 9 0 1 1 0 0 — 2 0 12 1 総通算 508 19 55 1 13 0 112 1 14 0 702 21 試合数 [ ] 国際Aマッチ 107試合 0得点(2001年-2014年) 年 出場 得点 2001 7 0 2002 9 0 2003 7 0 2004 13 0 2005 8 0 2006 13 0 2007 4 0 2008 7 0 2009 9 0 2010 9 0 2011 7 0 2012 6 0 2013 7 0 2014 1 0 通算 107 0 私生活 [ ] 後にイギリスの人気アイドルグループ、のと2年の付き合いの末に結婚したが、2010年5月に離婚した。 タイトル [ ] クラブ アーセナルFC• 2001-02, 2003-04• 2001-02, 2002-03, 2004-05• 2002, 2004 チェルシーFC• 2009-10• 2006-07, 2008-09, 2009-10, 2011-12• 2006-07• 2009• 2011-12• 2012-13 脚注 [ ]• 2013年6月8日閲覧。 England Football Online. Goal. com 2010年10月12日. 2019年8月19日閲覧。 The Independent 2006年6月24日. 2010年6月19日閲覧。 dailystar. 2010年6月19日閲覧。 Official Website of the Rams 2019年1月26日• 2013年8月14日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年4月4日閲覧。 Goal. 2014年5月12日閲覧。 外部リンク [ ]• - Soccerbase.

次の

アシュリー・コール氏が強盗被害。覆面集団が邸宅を襲撃…宝飾品など盗まれる

アシュリー コール

元イングランド代表DFアシュリー・コール 38 がイギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューで現役を引退することを発表した。 同メディアに対しアシュリー・コールは「熟考に熟考を重ねて、今がスパイクを脱ぐ時だと、新たなチャプターに向かうタイミングだと判断したんだ」とコメント。 将来的に監督になる夢も明かした。 1999年11月、アーセナルでミドルスブラ戦でプロデビューしたアシュリー・コール。 「子供の頃は1試合でも出場できたりプロになれたりするなんて思ってもいなかった。 でも振り返ってみれば、僕はワールドカップやチャンピオンズリーグ決勝、さらに幸運にもプレミアリーグタイトルを獲得することができた。 それは幼いころからの夢だった」と、自身のキャリアが充実したものだったと語る。 そして、「夢をかなえることができた。 今は未来を見据えている。 良い監督になれることを望んでいるよ」と今後の人生についても話した。 アーセナルでのデビュー後、2006年にチェルシーへの禁断の移籍を果たす。 2014年まで過ごしたチェルシーでは、プレミアリーグやFAカップ、さらに2011-12シーズンにはチャンピオンズリーグ制覇を成し遂げるなど、10個の主要タイトルを手にキャリア最盛期を迎えていた。 その後、契約満了でチェルシーを退団した後はローマやロサンゼルス・ギャラクシーでプレー。 キャリア最後のクラブとなったのはチャンピオンシップ イングランド2部相当 のダービー・カウンティだった。 ここではチェルシーやイングランド代表でチームメイトだったフランク・ランパード監督の下でプレーしていた。 イングランド代表では歴代6番目の107試合に出場。 タイトルを獲得することは叶わなかったが、アシュリー・コールは「振り返って考えてみると、祖国のために100試合以上もプレーできたんだ。 誇りに思うよ。 決勝や準決勝に行けなかったのは少し残念だけどね」と話している。 クラブレベルでは通算687試合に出場したアシュリー・コール。 世界最高の左サイドバックは38歳で引退を決意。 今後はどのような人生を描いていくのだろうか。

次の