オーバーフロー 無料。 オーバーフロー作品の登場人物

オーバーフロー ( Overflow ) とは

オーバーフロー 無料

お店や会社などで見かける美しいアクアリウム。 そんなアクアリウムの中でも特に熱帯魚向きのものとして、オーバーフロー水槽というものがあります。 その仕組みは、水槽の下に濾過層を設置し、水を循環させるというもの。 少し前まではマニアックな印象のあるものでしたが、最近はコトブキやgexといったメーカーから、60㎝以下の小型サイズで音の静かなタイプも登場し、マンションなどでも気軽に楽しめるようになってきています。 今回は、そんなオーバーフロー水槽を購入する際の選び方とともに、通販購入もできるおすすめ人気の商品をランキング形式でご紹介します。 届いてすぐに始められる、初心者向きのセットも登場します。 これからアクアリウムを始める方やお手入れが苦手な方は必見ですよ! 色鮮やかな熱帯魚の泳ぐアクアリウムは見た目も美しく、憧れますよね。 アクアリウムをする際に大切なことの1つは、飼育水をきれいに保つこと。 飼育水の環境を整えることで熱帯魚を健康に飼育できることはもちろんですが、やはり見た目がきれいだと鑑賞するのも楽しいものです。 飼育水をきれいに保つために必要なのが、水を浄化してくれる濾過装置。 オーバーフロー水槽とは、この濾過槽を水槽の下に設置し飼育水を浄化し、ポンプで組み上げて再び水槽に戻すという循環システムを持った水槽のことです。 濾過機能が高く、より良い状態で熱帯魚を飼育することが可能な本格水槽なんですよ。 本格的というと、上級者向けなのかと思いきや、最近は小型のオーバーフロー水槽なども販売されるようになり、初心者の方やマンションなどの限られた空間でも楽しめるものが多くなってきています。 オフィスや病院の待合室などで大きなアクアリウムが置かれているのを見たことがある方は多いでしょう。 オフィスを始め、家庭でも来客の多いリビングなど人目につくことが多い場所に置きたい時は、存在感のある大型タイプがオススメ。 オーバーフロー水槽の中でも大型のタイプは、サイズの大きい魚や百匹以上の小型魚を飼うことも可能で、本格的な存在感があります。 また、水量が多いほど水質の変化も少なくなるため、日々のメンテナンスも小型のものより楽になります。 また、オーバーフロー水槽のメリットとして、普通の水槽であれば水槽内に設置する必要があるヒーターなどの器具を、濾過装置と一緒に下に収納できるという点があります。 水槽周辺がスッキリすることで、照明を十分に当てることができるので、見栄えを気にしたい場所には嬉しいポイントですよね。 ただし、水も含めると、重量が相当のものになるので、一度セットすると容易に動かせなくなってしまうという点には注意してください。 家庭のリビングや玄関など、限られたスペースに置きたい場合は、やはり小型から中型タイプのオーバーフロー水槽がオススメ。 省スペースに対応しているこのサイズの水槽は、デザインがおしゃれだったり、初心者向けでセットが簡単なものが多かったりします。 小型なものは水槽の扱いも楽なので、水槽を大掃除したい時も嬉しいですね。 とはいえ、水を入れると水槽の重さもそれなりになるので、置く場所には注意が必要です。 心配な時は、台がセットになっているものを選んでみてください。 また、水量が少ないと水質が変化しやすくなったり、飼育する数に限りがあったりします。 魚の数は1Lに1匹、水質に敏感な魚を飼う時はマメにメンテナンスをするなど注意が必要です。 一般的なオーバーフロー水槽とは少し趣が違いますが、インターネットサイトなどで「オーバーフロー水槽」のカテゴリに入っている商品の中に、「アクアポニックス」というものがあります。 「アクアポニックス」とは、魚の排泄物などの混じった水を、植物を利用した濾過層で浄化し、再び水槽に戻すという仕組みの水槽です。 魚と植物が共存する自然の生態系に近い水槽で、うまく循環するとエサあげと足し水意外の世話がいらないというのも大きな特徴。 値段も手ごろなものからあるので、まずは気軽に始めてみたい方におすすめです。 お子様がいる家庭などは、身近に自然の生態系を感じることができるので勉強のきっかけになるかもしれませんよ。 これからアクアリウムを始めるという方は、オーバーフロー水槽と比較してみるのも良いかもしれません。 オーバーフロー水槽にしてもアクアポニックスにしても、安いと思って選んだけれど、必要なものが別売りでかえって金額がかさんだということがないよう、セット内容は予めしっかりと確認しておきましょう。 特に、配管パイプ・水槽の蓋・濾過材などは要チェック。 お手持ちの物も照らし合わせながら、必要なセットを選んでくださいね。 これからアクアリウムをはじめようと思っている方は、どんな器具がどこまで必要なのか分からない方も多いと思います。 そんな方は、必要最低限のものが揃って、すぐに設置・使用できるものを選んだほうが間違いなさそうです。 ただし、その場合でも、砂利や水草などの装飾品は別売りとなる場合がほとんどですので、その辺りも予算に含めて検討してくださいね。 35㎝角のコンパクトなデザインが魅力のオーバーフロー水槽です。 ナチュラルなウッドラックと程よい大きさの水槽は他のインテリアとも馴染みやすく、いろいろなシチュエーションで楽しむことができるでしょう。 もちろん機能面も充実。 水槽は小さめですが、それに対して濾過装置はできる限り大きく作られているため、濾過効率はとても高くなっています。 既に別の水槽で本格的にアクアリウムをやっている方にはサブ水槽として活躍しますし、これから始めようという方にはちょうど良い大きさと高い機能が魅力的な、使い勝手の良い水槽です。 ポンプや濾過材は別売りです。 サイズ (幅)35cm(奥行)35cm(高さ)36cm 水槽台 (幅)36cm(奥行)36cm(高さ)70cm 水量 約40L 60㎝幅の水槽に濾過層を合わせたオーバーフロー水槽です。 水量が少なすぎると水質が不安定になりがち、大き過ぎるとメンテナンスが大変という理由などから、60㎝の水槽はアクアリウムに最も一般的とされています。 初心者の方にも勧められることが多く、初心者からベテランまで幅広い方が愛用している水槽サイズです。 そんな60㎝水槽に濾過層を合わせているので、水槽内の環境をしっかりと管理することができるでしょう。 部屋のインテリアに馴染みやすいウッドラックの水槽台は組み立て済。 組み立てる手間がないのも嬉しいですね。 ただし、ポンプや濾過材はついておらず、別売りになります。 サイズ (幅)60cm(奥行)30cm(高さ)36cm 水槽台 (幅)60. 5cm(奥行)30. 5cm(高さ)70cm 水量 - 普通の水槽を簡単にオーバーフロー水槽に変えることができる商品です。 水槽の縁に引っかけるタイプなので、家にある水槽を無駄にせず使えるのは嬉しいですよね。 設置する際も、難しい配管作業もなく日々のメンテナンスも簡単なので、初心者の方も安心です。 水槽の水量が増えるので、水質の管理も楽になります。 ただ、設置できる水槽は90㎝水槽まで、水槽縁は1㎝までになります。 90㎝以上の水槽に使いたい時は、マメオーバーフローが2台必要、水槽縁が1㎝以上の場合は使えないので注意してください。 また、別売りになりますが、マメスイッチを使うと水が溢れたり足りなくなったりしないように自動で調整してくれるので便利ですよ。 サイズ (最小時)(横)7. 5cm 水槽台 - 水量 - 小型で使いやすいサイズと本格的な機能を兼ね備えたオーバーフロー水槽です。 三段濾過システムの他に、4つ目のフリースペースが設置されているのが特徴で、ここには自分の好みや飼育している生体に合わせたろ過材を入れることができます。 気になる落水音も、特殊なウレタンスポンジで水を受け止めることで軽減。 寝室など静かな部屋に置きたい時にも安心です。 とは言え、やはりモーター音などは否めませんので、注意してくださいね。 背面と側面はスモークガラスになっており、全体的にスタイリッシュな印象を受けます。 蓋やライトなども含め、必要最低限の物が揃い、すぐに始められる手軽さも人気の秘密。 デザインと機能・コスパの良さから人気の高い商品です! サイズ (幅)23cm(奥行)23cm(高さ)25cm 水槽台 - 水量 (水槽のみ)約10. 5L(ろ過槽)約4L 洗練されたデザインが特徴の家庭用アクアポニックスです。 仕組みは基本的なアクアポニックスと一緒で、飼育水が植物の下にある濾過槽へ流れ、浄化された後に再び水槽へ戻るというもの。 ガーデニング部分は広めに取られていますが、土を使用しないので気軽に植物を育てられることができます。 タイマーも付いたライトはヘッドが2つあり、水槽側と植物側にそれぞれ当てることが可能なので、水草とガーデニングとどちらにもしっかり光を当てられます。 家庭用とありますが、そのスタイリッシュなデザインは、客間やオフィスなど来客の多い場所にもピッタリです。 ポンプ・蓋・ライトなど必要最低限のものが揃ったセット内容。 すぐに設置できる気軽さも魅力です。 サイズ (幅)49cm(奥行)38cm(高さ)77cm 水量 約36L 水槽の上にある濾過槽は、植物の根の他、高機能濾過スポンジとバクテリアの三段階で濾過をするシステムで、浄化された水は再び水槽に戻ります。 付属のLEDライトは、数種類のカラーを始め、「薄曇り」や「月明り」、「日の出」など自然をイメージした照明も選ぶことができます。 タイマー機能も付いているので、毎日一定の時間に明かりを当てることができますよ。 セット内容は、必要最低限のものが揃ったスタンダートセットと、水温計などもセットになったフルセットと2タイプから選べます。 ハーブや野菜を育てれば、もちろん収穫して食べることもできます!ただし、飼育水にカルキ抜きの薬を使っている場合は食べることができないので、小さいお子さんがいるご家庭などは特に注意してくださいね。 サイズ (幅)20cm(奥行)20cm(高さ)20cm 水量 -.

次の

「オーバーフロー」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集|リノベーション情報サイト &Reno

オーバーフロー 無料

ら〜じ・PonPonの登場人物 [ ] 伊能 歩(いのう あゆむ) 声 - なし 『PonPon』の主人公。 物語開始時点ではサラリーマンであり、大学時代から付き合っていたるり香と同棲中。 『PonPon』では軽薄で節操無しの駄目男であり、るり香の妊娠が発覚するやいなや飛び蹴りで堕胎させようとするほど。 後に発売された『』や『』では様々な真実が明かされている。 『スノラデ』時点では神楽と萌葱の会話によれば、当時3歳で萌葱の母に預けられていたため姿は未登場。 姉の神楽とは異なり止には実子として認知されている模様。 止が数多の女性に産ませた子の中でも希少な男児であり、幼少期は止に可愛がられていた。 後に止が借金を押し付けて姿をくらましたことで一時叔母であるの元に預けられるが、その際に歩に止の面影を見ていた浅葱とによって調教され、一時期は発狂状態にまで追い込まれてしまった過去が明かされており 、るり香より以前に何人か子供を作っていることも発覚している。 母親の萌葱や姉の神楽が浅葱との関係について気付いた時には、既に碧やさくら、澤永姉弟の実父となってしまっており、るり香との結婚後も、女癖の悪さは直らなかったため、『PonPon』に登場した女子達全員とも関係を持って妊娠させてしまっている。 るり香には他のヒロイン達を妊娠させていたことは隠していたが、エンディングで結局自爆に近い形で暴露してしまい、るり香を怒らせてしまう。 沢越止と伊能萌葱の息子で、長男。 姉は神楽で、踊子と萌華の2人は妹である。 鷲野 るり香(わしの るりか) 声 - 歩の2歳上の彼女。 ヤキモチ焼きな性格で、であることにを持っている。 大学時代から交際していた後輩の歩と同棲しており、海外へ転勤になったために一旦は歩と離れるが、彼の子を妊娠していたことが発覚して帰国。 その後は歩の妻となり、女児を産む。 桃里とは旧知の間柄。 職業は隠しているが、実は軍人。 仕事が多忙なため、結婚後も月に1度程度にしか自宅に帰らない。 ヤキモチ焼きな割に鈍感で抜けた所があり、他のヒロイン達が歩に思いを寄せていることに気付かないため、妹の美咲を歩の浮気防止目的で見張せたら入院中で自分が不在なのを良いことに出し抜かれたり、桃里の思い人が誰かよく確かめずに応援し、その結果、桃里が歩に告白し肉体関係を持つように知らずにお膳立てしてしまう。 他、仮眠を取って美咲と歩を二人きりにする、歩がかおりと親しげに話していても浮気を疑わない等、歩に浮気の機会を自分から与え、見逃してしまうことが多い。 鷲野 美咲(わしの みさき) 声 - るり香の妹。 現役女子校生。 ハチャメチャな性格で、姉のるり香をも巻き込むタイプ。 歩のことを「お兄ちゃん」と慕う。 パリ赴任中に歩がしないよう、るり香にお目付け役を頼まれるが、実は小さい頃から歩に想いを寄せていた。 母親には黙って家を出ており、るり香からは同居の許しは得ていない。 姉の言いつけを口実に歩のマンションに押し掛けて同居し、精力剤を仕込んだ手料理を歩に食べさせ、思惑通り歩と肉体関係を持つ。 ちなみに母親には歩への思いを見抜かれており、歩のマンションに滞在していることを知ると激怒され、結局実家に帰った。 奈川 ゆかり(ながわ ゆかり) 声 - るり香の入院先で、彼女の担当となる。 巨乳であり、るり香に嫉妬される。 大きく2つに結った三つ編みを輪にしたヘアスタイルが特徴的。 歩のでありかつで、互いが初恋の相手。 幼少期は病弱で病院によく掛かっており、外であまり遊べず、外で遊びたい盛りの歩を引き留めるために「お医者さんごっこ」に誘い、うまく患者役を演じて頻繁に遊んでいた。 かつて親同士の事情から離れ離れとなってしまった歩に、今も想いを寄せている。 ある島で歩と形だけの結婚式を挙げている。 奈川姉妹の長女で実父は沢越止。 名前は「紫」に由来。 互いに知らないが、歩とは異母兄妹でもある。 『サマラデ1』の神楽と瞬の会話中で、奈川姉妹と伊能家の血縁関係が明らかにされている。 小さい頃は歩と仲が良かったが、上記の件で離れ離れとなった。 『PonPon』の時点では看護婦となって歩と再会し、を持つ。 その後に別の男性と結婚したものの 、歩との関係は同時期に彼と関係を持った女性達と同様に続いている。 沢越 桃里(さわごえ とうり) 声 - るり香の隣室に入院してきた、の妊婦。 明るくな。 大変ボリュームのあるポニーテールに結った髪と太眉が特徴。 父親の工場が潰れかかった際、止が出資してくれたのを切っ掛けに当時通っていた学校卒業直後に智正の妻となったが、夫が偏屈な趣味を持っている上、結婚前に男性との交際経験がなく、自身の性知識の乏しさやドジであることが重なって災いし、性生活が上手く行っておらず、舅である沢越止に相談に乗ってもらっていた。 その結果、止と肉体関係になり、その子を妊娠したが、止はそれを妻に知られるのを恐れたためか、逃げる様にパリに単身赴任している。 るり香とは旧知の仲。 夫婦生活の参考によりによって逆凌辱系のアダルトビデオを選んで間違った知識を身に着けてしまい、智正をベッドに縛り付けて強引に肉体関係を持って泣かしてしまって以降セックスレスになっており、夫婦関係はほぼ破綻している。 歩とは病院で出会い、結婚した経緯や姑や夫との関係等の相談に乗ってくれる歩に惹かれる。 人妻である上に出産を控えた妊婦であるにもかかわらず、歩に告白して裸で迫り、肉体関係を持つ。 この際、始終ナースコールを押したままで行為に及んでいたため、病室で起きた詳細をすべてナースステーションの看護婦達に聞かれた。 歩とのセックスの刺激で産気付き、出産している。 実は既に人妻であった彼女の母親が止と不倫して産まれた娘で旧姓は戸田。 夫の智正とは事実上の異母兄妹に当たるが、おそらく母親の配偶者が彼女の戸籍上の父親となっており、実父の存在を知らない。 設定上、彼女の母親と戸籍上の父親との間に 桜花(おうか)という名の異父妹がいる。 板崎 かおり(いたざき かおり) 美咲の後輩。 美咲の通う学校への進学を希望している。 内気な性格で、るり香の入院先の周りを不安そうにうろつきながら、入りたそうにしている。 自分の学校の卒業生である男性と交際しており、その「先輩」と呼んでいる彼氏から貰ったを制服に羽織っている。 彼氏が美咲と同じ学校の生徒で、美咲より2歳程年上らしい。 性知識が乏しく、彼氏とは最後まではしなかったが、キス以上のことをしたのと生理の遅れから自分が妊娠したと思い込み、病院に行くが、受付に行く勇気が出ず、病院の周りをうろうろしていた。 彼氏とは最後まで性交渉していないため、医師から「検査の必要はなく、妊娠してない」と言われるが納得せず、歩に身体検査を依頼し、成り行きで肉体関係を持つ。 優しくしてくれる歩に思いを寄せるようになり、彼氏の先輩は結局振って別れる。 見ず知らずで声を掛けられ、付き合いのまだ浅い歩のことを信じ切っており、美咲を歩の実の妹、るり香を会社の先輩と解釈し、歩に自分以外の女性関係があることを疑わない。 妊娠したため、進学先の入学試験に合格したが、入学は断念している。 キリシマ 民恵(キリシマ たみえ) るり香の会社の上司。 勝手に仕事を放り出して帰国したるり香を、連れ戻しに来る。 本当はるり香と同じく軍人であり、配属先の隊長だが、機密情報であるため歩の前では主任と呼ばせる。 歩が怯む程性欲旺盛。 重原 さつき(しげはら さつき)。 時折、歩の目の前に現れて無言で立ち去っていく謎の人物。 隠しキャラだけあり、攻略手順が非常に特殊。 鷹司 ありす(たかつかさ ありす) るり香らの入院した病院の看護婦長。 あるルートでは「攻略」が可能となる。 『PonPon』ではでっぷりと太った姿の女性だが、10数年前が舞台の『スノラデ』ではヒロインの1人であり、若く美しい姿で登場する。 『サマラデ』では鷹司りでるの母となり、神楽らの世代の血縁者からは、「あっちゃんおばさん」と呼ばれている。 『サマラデ2』時点で初花達とは違い、止とは疎遠になっており、愛人関係ではない。 若い頃の姿を知らない娘のりでるからは「ドラム缶のようなお母さんがオーナー(止)の愛人だったわけがない」と言われている。 沢越 智正(さわごえ ともまさ) 『PonPon』に登場。 桃里の夫で沢越止とその正妻である巴の子。 妻の桃里や歩とは異母兄弟。 幼少期より、止の身勝手さを見てきているために、相当の苦労人となっている。 冴えない外見だけでなく、非常に騙されやすい性格をしており、明らかにウソ臭い歩の冗談を真に受けて実行に移した結果、大恥をかいてしまったこともある。 でセックス自体をあまり好まないなど、好色な止の息子の中ではかなり大人しい方であるが、を所持していたり、桃里にさせ、渡した台本の台詞を読んでもらい、それを聴きながらのは好むなど、やはり止の子としての一面は持ち合わせている。 桃里と結婚したばかりの頃、妻をコスプレさせて目の前で自慰に耽るだけでいつも終わるため、夫婦生活がないことに業を煮やした桃里がよりによって系のアダルトビデオばかりを参考にし、ベッドに縛り付けられて強引に関係を持たれ、泣かされる羽目になる。 以降、妻とはセックスレス状態である。 桃里の産んだ子の第一子は止との子であり、第二子は歩との子であり、いずれも智正の血を引いていない。 『サマラデ1』では学生時代に異母兄弟の間瞬と出会い、親友になっている。 PureMailの登場人物 [ ] 『PureMail -ピュアメール-』に登場 [ ] 緒方 圭(おがた けい) 声 - なし(PureMail)、(ぷれじゃ〜ボックス、アダルトアニメ版PureMail) 『PureMail』の主人公。 現在は親戚である養父母の元で暮らしている。 幼少時のトラウマが原因でに陥っているため、人付き合いが悪く、情緒不安定に陥ってしまっている。 更に同級生からは、碧と交友関係にあるという理由で陰湿な嫌がらせを受けている。 ゲーム版では目元が隠れた状態で描かれ、顔立ちが明確ではないが、アニメ版では明確に顔が描かれている。 7年後を描いた『その後のピュアメール』(『ぷれじゃ〜ボックス』に収録)では、大学生に進学しており、PTSDの症状も落ち着いているが、その一方で女性達とのソフトSMに嵌っている。 碧と交際を続けながら、美紀ともを持ち続けるなど人間関係の問題は改善できておらず、選択ルートによっては『PureMail』で関わった女性達全員を妊娠させてしまうことになる。 また、選択ルートによっては美紀の弟の泰介と間違えて肉体関係を持ってしまう。 実父は沢越止、母親は刑事。 以前の両親から虐待を受けたため、緒方家へ引き取られた。 しかし、『その後のピュアメール』によれば、養母(藍の実母)は圭の実母であり、愛人関係だった止との間に圭が産まれた後、母が止から逃げて圭の養父と結婚した後、圭を引き取ったことが真相であり、藍とは異父兄妹であることが判明した。 アニメ版での実父らしき人物の容姿は止とはほとんど別人になっている。 奈川 碧(ながわ みどり) 声 - 圭のクラスメイト。 子役のモデル経験を持つが、悲しい体験もしており、芸能活動を止めている。 「EVE」というで、「A. W」(圭のハンドルネーム)と毎晩を楽しんでいる。 Wと圭の両方に惹かれているが、2人が同一人物であることには気付いていなかった。 成績優秀で表向きは優等生だが、少々気が強く、友達付き合いが苦手で小学生時代はいじめられることが多かった。 チャットでは自分の親友の悪口を書くなど、嫉妬深い一面を見せる。 エンディングは合計7種類。 ストーリーの終盤で両親が離婚することになり、転校することになる。 7年後を描いた『その後のピュアメール』では、芸能界に女優として復帰し、幾つもの映画に出演するほどの人気ぶりである一方、交際相手の圭に「ライバル女優を犯してビデオに撮って弱みを握れ」という指示をしたり、「浮気をしたら圭も浮気相手も殺すかも」と言い、浮気相手がいる場合は浮気相手の数だけ圭にハサミを送り付けるなど、さらに腹黒い性格になっている。 『スノラデ』に登場する の次女で、『PonPon』に登場する は異父姉(浅葱の娘達の戸籍上の父親は奈川重蔵で全員共通しているが、全員実父を知らない)に当たる。 アニメ版では言及されず、彼女自身も知らないが、圭とは叔父と姪の関係にあたる。 澤永 美紀(さわなが みき) 声 - 圭とは作中の1年前に同じクラスだった少女で、圭へは1年前から想いを寄せていた。 自宅が近隣にあり、家族ぐるみで付き合いのある碧とは小学校時代からの親友同士。 勉強は今一つ苦手。 明るく活発だが、個別ルートでは親友である碧と圭を引き離すために碧を街の不良と交際させようとするなど、腹黒い一面を見せる。 エンディングは2種類。 7年後を描いた『その後のピュアメール』では地元の大波良教育大学に進学し、教員採用試験の倍率の高さにめげて圭に「永久就職」を迫って喧嘩になり、その後、仲直りしに来た圭が自分と弟の泰介と間違えて肉体関係を持つことに繋がる。 めげてはいたものの教員採用試験をパスできたようで、『スクイズ』では体育教師として勤務している。 また、時系列では卒業後にあたる『スクイズ』では本人の登場がなかった代わりに弟である泰介が登場し、美紀は社会人になっても実家へロクに金を入れていない ことを語っている。 また、『クロイズ』での泰介の話によると、澤永姉弟の戸籍上の父が会社でリストラされたため、双方の出来事が重なり、泰介へ経済的な皺寄せが来ていることが明かされた。 実父は 伊能歩。 アニメ版では説明されず、彼女も知らないが、圭の姪で、碧の異母姉妹でもある。 結城 綾華(ゆうき りょうか) 声 - 圭のクラスの委員長である資産家の令嬢で、高飛車な性格をしている美紀とは犬猿の仲であり、圭と親しく接する碧とは何かにつけて対立する。 作中登場する女性の中では一番の常識人。 どのルートでも終盤でを迎え、転校してしまう。 エンディングは1種類。 7年後を描いた『その後のピュアメール』では、両親がカルト宗教へ入信しかけている以外の詳しい様子は明らかにされていないが、圭とはメールなどを通じての関係を続けている。 ルートによって圭が他の女性を連れて行ったラブホテルで綾華の母が清掃員として働いており、浮気を目撃され、圭の浮気を綾華が知ることになる。 緒方 藍(おがた あい) 声 - 寧々 圭の妹。 圭に対して口うるさく、他のヒロインからの電話を取り次がなかったり、個別ルートでは圭のチャットへ割り込んで「EVE」と別れさせようとすることもあった。 エンディングは2種類。 7年後を描いた『その後のピュアメール』では、圭を追って一浪した後、同じ大学に進学し、彼のいるアパートに引っ越している。 圭の話によると彼を誘惑して関係を持ってしまったとのこと。 緒方夫妻の実子で圭とは無縁の兄妹のはずであったが、圭が本当は母が沢越止との愛人関係の果てに産んだ子で、止から逃げて別の男性との結婚後に引き取ったらしく、圭とは異父兄妹であったことが明らかとなっている。 アニメ版では、口やかましさが抑えられている。 青葉 衣里(あおば えり) 声 - 藍の親友で、彼女の兄である圭へ想いを寄せる孤高の人。 兄・ ヒデオは街で有名な不良であるため、衣里も不良達から一目置かれているが、彼女自身はあまり良く思っていない。 エンディングは1種類。 アニメ版ではアプローチされた圭以外の男と肉体関係を持ち、付き合い始める。 真東 悠美(まとう ゆみ) 声 - 、(アダルトアニメ版PureMail) 圭の学校の生徒会役員。 隠しキャラクターであり、2周目以降に表示される特定の選択肢を選んだ場合にのみ出現する。 エンディングは1種類。 7年後を描いた『その後のピュアメール』では、圭や進一と同じ大学に進学している。 アニメ版ではメインキャラクターとして登場しており、学校のコンピュータのサーバー管理者という立場を利用して圭を脅し、自らの性欲処理をさせている。 関端 りん(せきはた りん) 声 - 圭の担任である関端邦宏の娘で母は。 『PureMail』における隠しキャラクターの1人である。 最低でもゲームを3週しなければルートに入ることはできず、そのルートに入るのも非常に難しい。 エンディングは2種類。 家は裕福ではなく、古い木造アパートで父と2人暮らし。 圭をからかったりするが、父は仕事の都合上家にあまりおらず、寂しい思いをしている。 母の萌華は父と結婚して関端姓であったが、祖父の 沢越止に母を連れ去られてしまい、それ以降は父から辛く当たられている。 孤独な境遇が圭と共感し合った末に、とあるルートでは、圭の子を妊娠している。 7年後を描いた『その後のピュアメール』では女子校に進学。 圭との関係を知られたため、父によって彼と引き離され、田舎に押し込められていた。 それでも、圭に対しては一途に思いを寄せ続けており、彼との間に身篭った娘・ 小凜(こりん)を出産(母親であるりんに似ている)。 その後、独力で圭の居場所を突き止めて、婚姻届けを片手に娘を連れて彼の下を訪れている。 しかし、婚姻届けを提出しに行こうとした朝、自分が着替えている間、小凜と遊んでいた圭が昔のりんを思い出して性的悪戯をしてしまったのを見つけ、圭を家から叩き出した。 作中で言及がなく、圭も彼女自身も知らないが、彼女の母 萌華と圭は異母姉弟であり、圭とは叔父と姪の関係にあたる。 柴 進一(しば しんいち) 圭のクラスメイトで、自称「圭の親友」。 アニメオタクであり、頭にを巻いて眼鏡を掛け、カメラを持ち歩いているなど、いかにもな容姿をしている。 写真部に所属する傍ら、裏ではも行っているといううわさがある。 やや無神経な性格。 圭の異母兄弟という裏設定があり、も実弟に当たるが、容姿は著しく似ていない。 7年後を描いた『その後のピュアメール』では、圭と同じ大学に進学。 彼の抱える悩みを、おでんの屋台で聞くことになる。 『ピュアメール外伝』に登場 [ ] 古谷 奨(ふるや しょう) 外伝の主人公。 葵学園の生徒であり、圭や碧と同じく2年A組に在籍。 クラスで孤立していく真彩のことを心配している。 何気なくメールで関わった「久美」と名乗る女性とメル友になり、親しくなっていく。 友人関係はあまり良くない。 友坂 真彩(ともさか まあや) 外伝のヒロイン。 プロローグでふらついていた所を奨と出会った後、2年A組へ転校してきた。 以前は付近でもトップに当たる進学校へ通っていたらしいが、真彩自身はそれについて話すことを極端に恐れている。 周囲に心を閉ざすが、何かと気遣ってくれる奨に対してだけは、次第に頼るようになっていく。 時折嫌味めいた発言を悪気なく口にし、トラブルに発展することもある。 読書が趣味で、一度本を読むと周りが見えなくなってしまう。 久美(くみ) ある時、奨の携帯メールでメル友になって欲しいと接触してきた謎の人物で、過去に自殺した真彩の親友と同じ名前である。 気まぐれで奨は久美の相手をするようになり、親しくなっていくが、何故か奨の行動を知っているかのようなメールを送ってくることがある。 Snowラディッシュバケーション!! の登場人物 [ ] 伊能 神楽(いのう かぐら) 声 - (スノラデ)、 紫苑みやび(サマラデ1) 『スノラデ』の主人公である女性。。 模手原商科大学 4年生。 女手1つで自身を育ててくれた母・萌葱の負担にならないよう、従業員である鷹司ありすと共に、彼女の経営するスノーラディッシュの手伝いをしている看板娘。 ラブロマンスに憧れるロマンチスト。 自身の通う塾のアルバイト講師である止に憧れを抱いている。 模手原商3年時の春休みに出先で自転車が壊れ、して自宅に帰ろうとしていた際に引っ越し中の止と偶然会い、乗せてもらった車で止と肉体関係になり、後述の を身籠る。 本作のストーリー終盤、親族や友人の前で「止に襲われた」と狂言を打ち、止と婚約する。 沢越止と萌葱の子。 止の子では長女に該当し、止の血を引く子供の中で最初に生まれた子である。 止には娘として認知されていない。 『サマラデ』での伊能神楽についてはを参照。 止(とまる) 声 - なし(PureMail、スノラデ、サマラデ1、サマラデ2) 、(版PureMail) 医大生であり、伊能神楽らが通う塾でを勤めていた。 のであり、本項で説明する人物の多くは止の血を引いている。 後に 沢越巴を妻に娶るが、女癖は非常に悪く、学生時代から多数の女性との間にを持ち、子を作っており、また手を出す女性の中には、まだ10代にも満たない者までいる。 『サマラデ』での沢越止についてはを参照。 沢越 巴(さわこえ ともえ) 声 - 森本れおな ヒロインの1人で、富豪のお嬢様。 おっとりした性格で人間関係には慎重。 浅葱とは同級生。 後に止と結婚して息子の智正を産む。 『スノラデ』の時点では清楚なお嬢様だったが、数十年後となる『PonPon』の時点では、厳しい姑になっている。 『サマラデ1』で止がサマーラディッシュに置いて行ったビデオの中に「新婚旅行で妻と」というタイトルのものがあり、名前は出てこないが、映っている止の妻と思わしき女性(視聴した瞬曰く「凄い美人」)はおそらく彼女である。 なぜか新婚旅行先で複数の男達にされる様子が夫の手によって撮影されている。 姉はと愛人関係にあり、2人の間にできた子が止である。 これに準拠した場合、止とは叔母と甥の関係になる。 伊能 萌葱(いのう もえぎ) 声 - 紫苑みやび ヒロイン。 神楽と歩の母。 未婚ので兼宿泊施設の「スノーラディッシュ」を経営しながら子供達を育てており、この店が後にチェーンへ発展する。 やや、御人好しと言えるまでにおおらかな性格で、女癖の悪過ぎる止に未だに思いを寄せ続けている。 娘の神楽が実父の止と肉体関係となったことを咎めないだけでなく、時にはそれを後押しするような発言すら行う困った人物。 少女時代は浅葱がコンプレックスを抱く程、近所や学校でも評判の可愛らしい容姿であったらしく、『スノラデ』でも娘の神楽と共に評判の美人であり、農協で言い寄ってくる男性がいる。 富豪であると正妻の娘であり、止とは異母姉弟に当たる。 周りから止との仲を裂かれ、エスカレーターで県立大波良への進学する前に神楽を産む。 以降、スノーラディッシュで働き、先代オーナーから後を継いで経営者になった模様。 『スノラデ』のストーリー後、止の金策でラディッシュでありすと共に客を取らされていた。 また、妹の浅葱の一家とラディッシュで共同生活をしていたが、浅葱が息子の歩に後遺症が残ってしまうまでの調教を施したことで 、彼女と激しく対立した末、物別れになってしまった。 歩はその後の回復まで、数年間を要することになった。 娘の神楽と共に発狂状態に陥った歩にあえて犯され、他の娘達に手を出さない様にしていた。 葵学園在学中に異母弟の止と恋に落ちて神楽や歩を身篭っており、後にラディッシュで止と再会した際にも関係を持ったことで、踊子、萌華を作った。 『スノラデ』以前に作った止との子達には、止の名に因んで人の動作に関係のある名を付けている。 『サマラデ2』では、既に他界している。 止にとっては初恋の相手で最愛の女性であり、「最期まで文句一つ言わずに尽くしてくれた本当に良い女だった」と止の口から語られ、死を惜しまれている。 伊能 浅葱(いのう あさぎ) 声 - ヒロインの1人で、萌葱の妹。 本人は知らないが、止とは異母兄妹に当たる。 姉とは違い、活動的でハッキリとものを言う性格。 姪の神楽には「叔母さん」ではなく「お姉ちゃん」と呼ばせている。 止とは同じ大学の先輩・後輩として知り合い、冬休みに「スノーラディッシュ」に運転手として連れて来た。 『スノラデ』時点で既に 奈川重蔵(ながわ じゅうぞう)と交際中だったが、まだ肉体関係はなく処女だった。 彼氏がいながら止とスノーラディッシュで肉体関係を持ち、『PonPon』のヒロインである を身籠る。 後に重蔵と結婚して奈川姓となっているが、止に篭絡されて以降、彼に強い未練を持ち続けており、止がラディッシュの金を持ち逃げし、ラディッシュが倒産寸前に陥った際、止の息子で自らの甥でもある歩が預けられ、彼に止の面影を見たことから、歩が好意を寄せている娘のゆかりをダシにし、も始まっていなかった歩に自分の性の相手をさせ、数年間発狂状態に陥るを残す程の調教を 澤永の母と共に施している。 その後、一時期家族共々ラディッシュで暮らし、歩に更なる調教を施していたが、自分の行為を知った重蔵が神楽と強引に肉体関係を持ったことに自分と歩の関係を棚に上げて逆上した末、家族を連れて強引に出ていってしまっている。 また、この際に歩は浅葱に捨てられてしまった。 、、の3姉妹を産んでいるが、いずれも重蔵の実子ではなく、ゆかりは止との間に作った子、碧とさくらは調教していた時期の歩との間に作った子である。 『スノラデ』で止と関係を持った後、子どもができたらどんな名前が良いか考えていた際、神楽から、姉の萌葱と彼女の名前に因んで「色に関連する名前が良いのではないか」と提案された。 実際、奈川姉妹には3人とも色に関する名前を付けている。 『PureMail』での碧と圭のチャット内容によれば、夫の重蔵は自分の研究室を構えた研究者になっており、奈川家と澤永家は近隣に位置し、澤永の母は重蔵の研究室の研究員として働いている。 碧と美紀が親友同士であることから、澤永の母とはラディッシュを出て行った以降も非常に親密な関係であることが伺える。 次女の碧を子役・モデルとして芸能界に売り込み、碧が父親として慕う重蔵への手紙を書籍化して公表、それがベストセラーになってしまい、娘の気持ちを金儲けの道具にしてトラウマを植え付ける等、かなり身勝手かつ拝金主義的な性格が顕著に描かれている。 『PureMail』のストーリー終盤で結局重蔵とは離婚することになった。 「ラディッシュ」の経営に加わり、チェーン展開にも大きく関わっている。 鷹司 ありす(たかつかさ ありす) 声 - スノーラディッシュ近郊の農家の一人娘。 「あらあら」が口癖。 対人恐怖症気味で人見知りな性格。 『スノラデ』の時点では准看護師を経て、看護短期大学に入学し直し、正看護師を目指しながらスノーラディッシュでのアルバイトに励む。 その折に止と肉体関係を持ち、りでるを産んだ。 止と関係を持つまでは処女で、年齢の割に男女関係に対して非常に奥手だった。 『PonPon』では正看護師として登場し、看護師長(本編での呼称は「看護婦長」)の役職に就いている。 間 初花(はざま はつか) 声 - 近所に住んでいる神楽の同級生。 同じ塾にも通っていた。 いかつい感じの母親がいる。 農家の娘で名前は「二十日大根」にちなんで名付けられた。 鷹司ありすとは遠縁。 『スノラデ』時点で既に他界している実の父親との仲は非常に親密で挿入はしていなかったものの肉体関係があり、初潮が来たら父親に処女を捧げる約束をしていた。 止と肉体関係を持ち、瞬や空、時を産んでいる。 『スノラデ』の後も止に夢中のまま愛人関係を続けていたため、瞬や空が止に関わってしまうこととなった。 神楽との友情は『スノラデ』後も続いており、模手原忠商事時代に彼女が新人研修担当社員に拉致・監禁された際には、その救出に一役買っている。 『サマラデ』以降立ち絵は描かれないが、台詞のみ登場。 『サマラデ2』で止との会話を盗み聞きしていたりでるによれば、美しい姿を維持し続けている模様。 Summerラディッシュバケーション!! シリーズの登場人物 [ ] 『Summerラディッシュバケーション!! 1』の主人公。 沢越止と間初花の長男。 母の愛人である止の存在が原因で家に居辛くなり、母の親友で、自身の異母姉でもある神楽の元で住み込みのアルバイトを始めるが、そこにも現れて神楽や踊子達の身体を狙う止を妨害するべく、行動することになる。 『サマラデ2』では、りでるとの血縁関係を知って悩んでいた空を後押しした。 女癖は歩同様に悪いものの、罪悪感の欠片もない止のような非道な仕打ちは行わず、自らの過ちにも後悔を少なからず感じている。 後年に壮年姿となった『サマイズ』でも 、相変わらず女性に流されてしまうことは多いが、自分を父親と認識してくれている娘・刹那のためにどうにか直そうとはしている。 なお、踊子が就任するまでは、スノーラディッシュを経営する神楽に代わってラディッシュ店長を務めていた。 ShinyDaysでもラディッシュ店長として登場している。 Daysシリーズにおいて、瞬の娘は、世界(踊子の娘)、刹那(舞の娘)、一葉・二葉・葉音(若葉の娘)、路夏(不明)、いのり(夏日の娘)が該当している。 伊能 神楽(いのう かぐら) サマーラディッシュ(1号店)の店長を務める女性。 踊子の姉であり、舞の母。 『スノラデ』のも参照。 作中では妊娠中で、臨月を迎えつつある。 止の金策によって彼以外の男性ともを持たされたり、発狂状態に陥った実弟の歩が他の女性に手を出さない様にした結果 、年に1度は妊娠と出産を繰り返し、既に15人もの子供がいる。 また、日系のハーフである3人の子供の面倒も見ている。 母の萌葱共々踊子が兄の歩に異性として想いを寄せ、未だ諦めていないことを心配している。 実父でもある止とは数年前に死んだ長女・の一件から疎遠となっていたが、またしても自分の前に彼が現れたことで、女性としての想いに翻弄されることになってしまうが、最終的には親友の初花の息子である瞬と恋に落ち、彼によって救われた。 止への想いと関係に終止符を打ち 、瞬との間に3人の子を設けた。 『サマラデ1』後は、娘達の何人かと共に、生まれ故郷にあるスノーラディッシュへ落ち着いている。 『Shiny Days』では、既に他界していることが明らかになっており、主人公の誠(異母弟)と孫の刹那が墓参りをしている。 寝取られルートでは、止によって再び客を取らされてしまうことになる。 伊能 踊子(いのう ようこ) 声 - (サマラデ1)、 (スクイズ以降)、(TVアニメ版・PS2版スクイズ) 神楽の妹。 舞の同い年の叔母であり異母妹。 サマーラディッシュへ向かう途中の瞬と電車で出会い、親しくなっていくことになる。 勉強に対して集中力が高く、成績優秀で名門校である県立大原に通っている。 舞と容姿は似ているが、優等生で比較的大人しい性格。 以前は兄である歩に想いを寄せていたが 、彼が姉の神楽と肉体関係を持っていたことを知り、さらに歩が大学進学後、るり香と付き合い始めたため失恋に終わっている。 姉と同様に母親は『スノラデ』のヒロインである伊能萌葱で、父は止。 寝取られルートでは、止に実兄への想いを付け込まれ、化させられてしまう。 後に瞬と肉体関係を結び、を産むが、瞬とは彼の女癖の悪さから疎遠となっている。 『』では「西園寺」姓となっており、ラディッシュの1店舗の店長を任される。 伊能 舞(いのう まい) 声 - 、 (スクイズ以降) 神楽の次女で、止と神楽の子。 踊子の同い年の姪であり異母姉。 踊子と容姿がよく似ており、双子の姉妹であるように仲が良い。 活発で元気な性格。 自身を踊子と間違った瞬のことを最初は嫌っていたが、次第に気になる存在となっていく。 実は瞬とは幼馴染であるが、お互いに覚えていなかった。 踊子とは対照的に勉強が苦手で「綿女」(わたじょ)と呼ばれるやや偏差値の低い女子校に通っている。 父は止。 寝取られルートでは、止に性奴隷化させられてしまう。 瞬と肉体関係を結んで娘のを産むが、その後は実家を離れている。 『』では、「清浦」姓となっている。 二条 若葉(にじょう わかば) 声 - サマーラディッシュの近くに住んでいる少女。 サマーラディッシュの制服に憧れており、そこでのアルバイトに興味を持っている。 サマーラディッシュの制服がどうしても着てみたくて更衣室に忍び込み、自分の制服姿を写真に撮るために制服を試着していた現場を瞬に抑えられ、着替えの際に言っていた独り言等を聞いて興奮した瞬から「不法侵入を警察に通報されたくなければ言う通りにしろ」と脅されて肉体関係に至る。 普段こそ内気な性格であるが、いざとなると大胆な行動に出ることもあり、それは瞬相手にも発揮することになる。 父は止で母は神楽の同級生でもあり、母は模手原商時代から止と愛人関係になっていた。 寝取られルートでは、止によって母と共に性奴隷化させられてしまう。 瞬との間に娘である葉音、一葉と二葉の双子の3人を産んでおり、他にも三葉、四葉という娘達もいるが、実父については不明。 二条の血筋は、全員がに色違いのをしたそっくりの容姿になっている。 伊能 理奈(いのう りな) 声 - 神楽の娘で、第10子に当たる。 『サマラデ1』時点で7歳。 父は止。 明るい元気な性格。 理央とは双子のようにそっくりで、仲も良いが、実は異母姉妹であると同時に理央の叔母にあたる。 ルートによっては最後に止に騙され、理央共々連れ去られてしまう。 『サマラデ2』の時点では既に他界しているが、経緯は不明。 伊能 理央(いのう りお) 声 - (サマラデ1)、なし(サマラデ2) 神楽が公には理奈の双子の妹として育てている少女で、神楽の実子ではなく、既に他界した娘の始と止の間に生まれた神楽の孫。 『サマラデ1』時点で小学2年生の7歳。 理奈の異母姉妹であると同時に姪にもあたる。 理奈に比べると内気な性格。 この当時は、瞬に片想いしていた。 ルートによっては最後に止に騙され、理奈共々連れ去られてしまう。 自身が瞬に想いを寄せ、止を嫌っていたことから、神楽の元から連れ去られて止に孕まされてしまい、現在は彼の愛人として囲われ、その間に娘の 理沙(りさ)を産んでいる。 また、理沙の他にも1児を孕んでいる。 後に、「サマーラディッシュ」の1店舗の店長を任される。 『サマラデ2』には写真のみ登場。 大人になった彼女の姿は美人であり、理香が持って来た理沙と一緒に撮られた写真を見たりでるからも「きれいな人」と評される。 叔母で異母姉のりんによれば神楽の元から養子に出たことになっており、止の愛人の立場に甘んじていることから、止を嫌悪している彼女からは好かれていない。 沢越 止(さわごえ とまる) を本業としながら、「ラディッシュ」のを兼業する。 『』では普通の大学生風の容姿だったが、『サマラデ1』では地の姿に髭を貯えた、『サマラデ2』では豹柄のシャツ・長髪に髭面・の風となっており、一人称も「儂」に変わっている。 『スノラデ』以前に葵学園で異母姉である伊能萌葱と恋に落ちる。 しかし、後に周囲から萌葱との仲を裂かれ、当然親からは縁を切られて、喧嘩同然に家を飛び出し荒む。 萌葱と再会した際に伊能歩を作り、再び萌葱の前から出奔する。 後に『スノラデ』で大学生となって茂手原市に戻り、出奔中に産まれた実の娘、神楽とアルバイト先の塾講師と教え子として出会う。 一部の塾の教え子達と肉体関係を持ち、それが他の人間に知られ始めたため、明るみになる前に大学院進学を口実として塾講師を辞め、今度は神楽達の前から出奔した。 引越する直前、最後に偶然路上で会って車に乗せた神楽と関係を持つ。 異母妹の伊能浅葱と実の叔母である沢越巴とは大学の先輩・後輩として出会い、2人の運転手としてスノーラディッシュを訪れ、神楽・萌葱と再会する。 ちなみに逆玉の輿が目当てで巴とこの旅行で肉体関係を持ち、交際し結婚することを目論んでおり、実際『PonPon』では結婚している。 伊能姉妹と止の父、伊能上の愛人であった止の母親は巴の実姉であり、巴とは叔母と甥の関係になる。 女性を妊娠させることに強い執着を持っており、異母姉妹に当たる伊能萌葱・浅葱をはじめ、実娘や孫娘、叔母、更にはその子孫にも子を産ませている。 結婚した実娘をその夫から奪い去って篭絡するなど倫理観が常軌を逸しており、血縁のない女性も既婚・未婚・年齢に問わず手を出している。 また、方々で作った子供達が止と同様に近親者と認識している相手に手を付けたり、互いが近親者であると認識しないまま肉体関係へ至って子ができてしまうことも多く、非常に複雑な家系図が成立してしまっている。 警察にまで顔が利くのをいいことに、他にも数々の悪事に手を染めており、『サマラデ』の時点でも神楽や彼女の娘達の身体を狙ってサマーラディッシュを訪れ、彼女達への非道な行いを繰り返す。 『サマラデ2』では、サマーラディッシュ4号店店長を代行している。 ここでも店の女性に手当たり次第手を出し、まだ小学生にも満たない幼い理香にまで性技を仕込んで妊娠させようとすることの悪辣振りを見せた結果、最後には実の娘であるりでる の手によってされた。 『Summerラディッシュバケーション!! 1』より登場 [ ] 江幡 夏日(えばた なつひ) 声 - (Shiny Days) 血まみれになって倒れているところを瞬が発見して助けた、大波良大の薬学部の大学生 6年生の女性。 瞬に助けられた後、彼の泊まり込んでいる部屋に居付いてしまう。 常に何かに脅えており、何も話すことができない。 実は芸能人の娘。 母が騙され続けた結果、膨れ上がった借金を精算するための性奴隷として止に売られそうになったところを、たまたま通りかかった瞬に助けられている。 寝取られルートでは、止によって妊娠奴隷にさせられた姿を録画した動画が瞬へ送られてくる。 『Shiny Days』では、メインヒロインである足利いのりの母親として登場。 神社の神主と籍を入れる予定になっているが、過去に男女の関係となっていのりの父親にあたる間瞬が、いのりの親権を奪おうとしていると思い込んでおり、神社の人間共々彼を一方的に敵視しているが、瞬の方に親権を奪う意思はない。 『Summerラディッシュバケーション!! 2』より登場 [ ] 鷹司 りでる(たかつかさ りでる) 声 - 『サマラデ2』の主人公。 『スノラデ』のヒロインの1人鷹司ありすの娘。 空とは幼馴染であるが、距離が非常に近いために異性としては見ていなかった。 単純で騙されやすい性格だが、勘は鋭い。 夏休み前に空と喧嘩してしまった後、サマーラディッシュ4号店で鼻の下を伸ばしている彼の姿を見て嫉妬。 たまたま通りかかったオーナー兼店長代理の止に頼み込み、アルバイトとして店へ乗り込む。 父は止。 幼馴染の空とは兄妹のように育ち 実は異母兄妹だが、本人たちは知らない上、りでるが若い頃のありすの容姿を知らないため、自分の母と止の関係を信じなかった)、異性とは意識していなかったが、やがて彼への想いを自覚して結婚に至る。 しかし、夫の空ともども家の外では浮気中。 異母姉の神楽と同じく止に篭絡され、止の子供を出産後、客を取らされるようになる。 それ以前にも2人の子を儲けているが、これが止の子供かは不明である。 ルートによっては止を去勢する。 間 空(はざま くう) 声 - なし りでるの幼馴染、止と初花の次男で末っ子で間瞬と間時の弟。 りでるとの喧嘩後、念願の単車を購入して乗りまわしていた時に瞬に頼まれ、サマーラディッシュ4号店でアルバイトを始める。 止からりでると自分は止の子で、異母兄妹であると聴かされ、距離を取ろうと図る。 一応りでるのことは妹のように大切に思っており、りでるが止に篭絡されて客を取っている姿を見せられればショックを受けて止を怒鳴り、後にりでるが止に囲われて行方不明になるルートでは懸命に彼女を探す。 女癖の悪さは兄の瞬よりも遥かに酷く、同年代や年上はおろか、まだ就学も迎えていない程の幼い理香にまでと、見境なく手を出しており、止の陰惨な行いに関しても、否定するどころかむしろ肯定的に考えている節がある。 妊婦に欲情する異常な性癖の持ち主でもあり、そういった点が止と意気投合してしまっている模様で、その精神は止の子供の中でも、最も彼に近いものがある。 自分の性癖が異常なことは少なからず自覚があるようで、それについて指摘されると兄の瞬に責任を押し付けており、神楽の妊婦姿のDVDについてりでるに暴露された際にも、瞬のせいにしている。 後にで異母妹のりでると結婚するが、互いに浮気している上にそれぞれ相手に別の子供が居る。 りん 声 - 空とりでるより1歳年上。 普段はスノーラディッシュで働いているが、店員不足のためにサマーラディッシュ4号店へ臨時で手伝いに来ている。 母は神楽で、第9子にあたる。 父は止。 非道な仕打ちを平然と行なう止のことは、姉妹共々心底から嫌っている。 機械いじりが趣味で兄(実は異父兄)の渉からもらったゴーグルを愛用している。 バイクも好きでを自分でカスタムしたものに乗っており、空と話が合う。 渉に好意を抱いていた妹達の1人。 本名は別にあるが、公式設定でも公表されていない。 父親の止がまともに名前を覚えておらずこの名で呼んだため、他キャラクターからもそう呼ばれている。 渉が唯一血の繋がっていなかった姉と結婚してからも、その思いを断ち切れず悩んでおり、渉に雰囲気の似ている空にも惹かれている。 ルートによっては、同じく渉への思いに未練を募らせている自身の姉妹達 と共に、気球に乗って後を追うことになる。 後に空の娘を妊娠している。 伊能 理香(いのう りか) 声 - 佐々留美子 理央の孫。 理沙と止の娘で長女(止にとっては娘であり来孫)。 母親の理沙が妊娠で入院中のために寂しい想いをしており、空を実の兄のように慕っている(実際異母兄妹にあたる)が、止にも懐いている。 祖母と母親が共に止と肉体関係があることを知っており、異常さを感じることなく受け入れ、止と肉体関係になる。 ルートによっては、止の作った怪しい薬によって早熟の身体と化してしまい、空ともになり、止や空の子を妊娠しまうことになる。 楠本 さゆら(くすもと さゆら) の『』シリーズに登場する楠本さゆら本人。 メーカー間のコラボレーションにより登場。 攻略対象ではない。 MISS EACH OTHERの登場人物 [ ] 柴 瑤二(しば ようじ) 声 - 主人公。 共に葵学園へ通うも、顔を合わせればいがみ合うみさおとはで、は兄に当たる。 容姿は著しく兄と似ていない。 不真面目そうな外面とは裏腹に、内心にはみさおへの想いを秘めている。 それゆえ、物語序盤では思い出作りに兄から借りたを園内へ持ち込んでみさおに通報され、先生に説教されている。 裏設定では実父は沢越止となっているが、作中で彼の名前は瑤二が幼少時に通った医師の名前でしか登場しない。 みさお以外との交際や肉体関係が描写されていない上、後の作品にもそれを示唆する描写は存在しないため、沢越止の息子達の中では真っ当な方であることが窺える。 『クロイズ』では、進学後もみさおとの交際を順調に続けていることが示唆されている。 森 みさお(もり みさお) 声 - ヒロイン。 眼鏡っ娘。 幼少時は瑤二と仲良しであったが、お医者さんごっこがきっかけで疎遠になり、現在では顔を合わせればいがみ合う関係。 しかし、内心には瑤二への想いを秘めている。 優等生であるため、瑤二の進学先とは別の学園への進学が決まっているが、ルートによっては瑤二と結ばれ、彼の子を身篭ることとなる。 沢越止とは、幼少時に面識がある。 また、『スクイズ』『クロイズ』に登場する (もり くみ)とは同姓かつ同年に当たるが、血縁関係については不明。 School Days・Summer Days・Cross Daysの登場人物 [ ] 詳細は「」を参照 澤永の母 設定上のみの存在で名前、容姿は不明。 奈川浅葱の級友で、彼女と共に歩を調教した際に美紀を、後には泰介も身籠る。 『PureMail』では奈川重蔵の研究室で研究員として勤務している模様。 『クロイズ』では夫の存在が語られているが、泰介の台詞によれば夫はされてしまい、社会人になった娘の美紀は、遠距離恋愛中の圭とのデートに給料を注ぎ込んで家に金を入れないため、家庭の経済状況が芳しくない模様。 泰介の台詞から澤永姉弟は母の夫が実父ではないことを知らないようである。 二条 三葉(にじょう みつば) 二条 四葉(にじょう よつば) 上記の2人ともの娘。 『クロイズ』の台詞中のみに登場するが、父親は不明。 沢越止の血族 [ ] 沢越止の親類についてまとめる。 前述のように「止の孫や娘が産んだ子の父親も止」といったことが頻発しているため、「娘であり孫である」「娘であり曾孫でもある」といった複雑な関係が多いが、便宜上以下のように記述する。 伊能 上(いのう じょう) オーバーフロー作品に未だ登場していないが、萌葱、浅葱、そして沢越止の父親である人物。 資産家であること以外の詳細は不明。 止は愛人との間にできた子であり、萌葱と浅葱の2人は異母兄弟に当たる。 止と萌葱の関係を知ると仲を裂き、止が荒んで出奔し、後の人柄を形成する大きな原因となった人物。 止の子を妊娠し、周囲の反対を押し切って神楽を産んだ萌葱とは疎遠。 伊能上の娘。 沢越止とは異母姉弟に当たる。 伊能萌葱の妹。 沢越止とは異母兄妹に当たる。 沢越止の妻であり母方の叔母でもあるが、彼と結婚できた理由は不明。 沢越止と伊能萌葱の第1子。 沢越止と伊能萌葱の息子。 沢越止と伊能萌葱の次女。 伊能 萌華(いのう もえか) 沢越止と伊能萌葱の三女。 『MEO』に名前のみ登場。 葵学園の教諭、関端邦宏と結婚して関端姓となり、『PureMail』のヒロインの関端りんを産むが、後に沢越止に連れ去られていった。 以来、止に篭絡されて夫と娘の元に帰らなくなり、これが原因で、邦宏は娘のりんに辛くあたるようになった。 沢越止と沢越巴の息子。 工場の経営者である桃里の戸籍上の父と結婚し、既に人妻だった桃里の母が沢越止との不倫で作った娘である。 沢越止と伊能浅葱の娘。 戸籍上は奈川重蔵と浅葱の長女。 沢越止が伊能神楽の同級生に産ませた娘。 沢越止と鷹司ありすの娘。 上に姉が2人いる。 沢越止が刑事の女性に産ませた息子。 沢越止と間初花の長男。 間 時(はざま とき) 声 - 沢越止と間初花の長女。 『サマラデ1』『サマラデ2』の設定上に存在する女性。 間瞬には妹、間空には姉に当たるが、容姿は不明。 『サマラデ1』には、沢越止に手を出されそうになっていたことが窺える台詞が存在する。 沢越止と間初花の次男。 沢越止の息子であるが、母となった女性については不明。 沢越止の息子であるが、母となった女性については不明。 沢越止と伊藤萌子の息子。 沢越止と伊藤萌子の娘。 沢越止の血族のうち、『クロイズ』の発売時点では一番の年少。 伊能 始(いのう はじめ) 沢越止の娘であり孫。 伊能神楽の第1子。 『サマラデ1』の回想内や、『サマラデ2』の他キャラクターの会話中に登場。 まだ身体が十分成長しないうちに妊娠させられたため、伊能理央を出産すると同時に死亡した。 沢越止の娘であり孫。 伊能神楽の第2子。 伊能 渉(いのう わたる) 沢越止の孫。 伊能神楽の第3子。 『サマラデ1』『サマラデ2』の他キャラクターの台詞のみに登場。 容姿は不明。 父は神楽の通っていた模手原商科大学の校長。 発狂状態になっていた叔父の伊能歩に唆されて母の神楽を犯し、肉欲に溺れて彼女との間に伊能雛子を作ってしまった過去を持つ。 多数の妹達に好意を寄せられており、『サマラデ2』のりんの台詞によれば、妹達と本番には至らないものの肉体関係がある。 唯一血の繋がっていない妹と結婚し、世界一周の新婚旅行に出た後も、諦められない彼女達に追われている。 このため、渉と妹達のトラブルに間瞬は巻き込まれる形となり、困惑している。 沢越止の娘であり孫。 伊能神楽の第9子。 沢越止の娘であり孫。 伊能神楽の第10子。 伊能 雛子(いのう ひなこ) 沢越止の孫であり曾孫。 伊能神楽の第11子で父親は伊能渉。 渉を兄として慕い、彼の結婚後も諦めていない。 沢越止の孫。 戸籍上は奈川重蔵と浅葱の次女だが、実父は伊能歩。 奈川 さくら 沢越止の孫。 設定上のみに登場する、奈川姉妹の三女。 実姉の碧同様、戸籍上は奈川重蔵と浅葱の娘だが、実父は伊能歩。 沢越止の孫。 伊能歩の娘。 沢越止の孫。 父は伊能歩。 美紀の弟。 沢越止の孫。 葵学園の教師・関端邦宏(せきはた くにひろ)と伊能萌華の娘。 沢越止の孫。 間瞬と伊能踊子の娘。 二条家の長女。 父は間瞬、母は二条若葉、沢越止の孫。 以上の2人は、『Summer Days』に登場する双子の姉妹。 父は間瞬、母は二条若葉。 沢越止の孫。 以上2人とも沢越止の孫。 父は不明、母は二条若葉。 以上の5人は『Shiny Days』に登場する沢越止の孫。 三葉、四葉の妹達。 父は不明、母は二条若葉。 沢越止の孫。 間瞬と江端夏日の娘。 沢越止の孫。 間瞬が知人の女性に産ませた娘。 沢越止の孫。 伊藤誠と の息子。 2009年のエイプリルフール動画『Kotonohasama Days』のみに登場。 沢越止の娘であり曾孫。 母は伊能始。 関端 小凜(せきはた こりん) 沢越止の孫であり曾孫。 緒方圭と関端りんの娘。 『その後のピュアメール』のみに登場。 沢越止の孫であり曾孫。 間瞬と伊能舞の娘。 伊能 理沙(いのう りさ) 沢越止の娘であり玄孫。 母は伊能理央。 『サマラデ2』で写真のみの登場。 おとなしい性格であり、沢越止を拒否し切れず妊娠させられ、伊能理香を産む。 その後にも母の伊能理央と同時に妊娠させられ、母娘共々出産のために入院する。 沢越止の娘であり来孫。 母は伊能理沙。 脚注 [ ] []• 『PonPon』での歩の回想では浅葱と萌葱の対立と奈川一家の引っ越し理由が「祖母の介護か何かで揉めた」と曖昧になっており、叔母と自分の関係も覚えていない。 『PureMail』で判明。 虐待された両親の内、少なくとも母親だと圭が思っていた女性は圭の実母ではない。 美紀が給料を圭とのデート代に注ぎ込んでいることが『クロイズ』で泰介により語られている• おたぽる. 2017年2月23日時点のよりアーカイブ。 2017年2月23日閲覧。 圭との関係を知られると「母と同じ淫蕩の血筋だ」とりんを罵って手を挙げられる。 『スノラデ』における萌葱の「書類では、神楽のお父さんはいませんって書いてあるんだから」という台詞から。 浅葱の夫である重蔵が妻と歩の関係を知り、その報復に神楽に手を出して妊娠させ、浅葱は自分が歩にしてきたことを棚に上げて夫と関係を持った神楽に対して怒り狂ったため、余計に話が拗れた。 神楽と違い、歩の子は産んでいない。 同い年であるはずの舞や踊子は『サマイズ』では瞬と比べると若々しく描かれており、瞬は2人より少し老けた感じでチンピラ風に描かれている• 実の娘と認識していないのか、若葉との間の娘の内の1人である二葉とは肉体関係を持っており、プロポーションの良い二葉が刹那より年下であることを知ると非常に驚いており、年齢すら知らなかった模様。 胎児は父親は実弟、歩との子である。 歩との肉体関係を踊子に目撃されてショックを与えてしまい、『サマラデ1』では姉妹関係がギクシャクしていたため、踊子はサマーラディッシュを手伝うことに難色を示していた。 しかし、その代償として理奈と理央を止に連れ去られ、親権を奪われてしまう。 神楽によれば、踊子の近親者に関する倫理観・価値観は異母姉弟に当たる止と恋愛して子どもまで産んでいる母、萌葱から大きく影響を受けていることが作中で語られている。 そのため、神楽を攻略すると、瞬が不在の際、ムキになった神楽に自分の方が理央より瞬が好きだと言って張り合い、母娘喧嘩になったことが理奈によって語られる。 『サマラデ2』で止の性奴隷となるはずであった江幡夏日も作中で実齢はぼかされているが、おそらく義務教育中の中学生に満たない年齢である。 ありすのことは忘れてしまうほど疎遠になっており、娘を産ませたことも憶えていない。 『サマラデ2』のストーリー序盤で止にりでるが名乗った際、姓を聞いても「鷹司?はて、どこかで聞いたような?」とすぐに思い出せず、りでるの母ありすとはこの時点でかなり疎遠になっており、初花にりでるの父を尋ねられてもはぐらかしている。 事実上の異母兄弟ではあるが、恐らく止はりでるを認知しておらず、空とりでるは戸籍上では血縁関係の記載がないため結婚できた。 ただし、作中ではが示唆されている。 姉妹達の容姿は陰ではっきりと見えないが、「」に登場するヒロイン達に酷似している。 「サマラデ2」のテキストによると表向きは止の孫ということになっている。 第1話での光の台詞より。 「サマラデ2」のりんの台詞より、神楽は始の妹弟達には始の本当の死因をひた隠し「病死した」と話している模様。 沢越止が伊能神楽を売春させて金儲けをしていた時期であり、校長はその客の1人。 神楽の身体を使って校長を取り込み、学校の女生徒達を自分へ提供させることが止の目的だった。 なお、校長は神楽とのセックス中にした上、神楽に渡るはずだった財産は彼女を籠絡させた止に全て奪われている。 『サマイズ』での台詞より。 外部リンク [ ]•

次の

オーバーフロー(おーばーふろぉ)見逃し無料はコチラ!1話あらすじも

オーバーフロー 無料

ら〜じ・PonPonの登場人物 [ ] 伊能 歩(いのう あゆむ) 声 - なし 『PonPon』の主人公。 物語開始時点ではサラリーマンであり、大学時代から付き合っていたるり香と同棲中。 『PonPon』では軽薄で節操無しの駄目男であり、るり香の妊娠が発覚するやいなや飛び蹴りで堕胎させようとするほど。 後に発売された『』や『』では様々な真実が明かされている。 『スノラデ』時点では神楽と萌葱の会話によれば、当時3歳で萌葱の母に預けられていたため姿は未登場。 姉の神楽とは異なり止には実子として認知されている模様。 止が数多の女性に産ませた子の中でも希少な男児であり、幼少期は止に可愛がられていた。 後に止が借金を押し付けて姿をくらましたことで一時叔母であるの元に預けられるが、その際に歩に止の面影を見ていた浅葱とによって調教され、一時期は発狂状態にまで追い込まれてしまった過去が明かされており 、るり香より以前に何人か子供を作っていることも発覚している。 母親の萌葱や姉の神楽が浅葱との関係について気付いた時には、既に碧やさくら、澤永姉弟の実父となってしまっており、るり香との結婚後も、女癖の悪さは直らなかったため、『PonPon』に登場した女子達全員とも関係を持って妊娠させてしまっている。 るり香には他のヒロイン達を妊娠させていたことは隠していたが、エンディングで結局自爆に近い形で暴露してしまい、るり香を怒らせてしまう。 沢越止と伊能萌葱の息子で、長男。 姉は神楽で、踊子と萌華の2人は妹である。 鷲野 るり香(わしの るりか) 声 - 歩の2歳上の彼女。 ヤキモチ焼きな性格で、であることにを持っている。 大学時代から交際していた後輩の歩と同棲しており、海外へ転勤になったために一旦は歩と離れるが、彼の子を妊娠していたことが発覚して帰国。 その後は歩の妻となり、女児を産む。 桃里とは旧知の間柄。 職業は隠しているが、実は軍人。 仕事が多忙なため、結婚後も月に1度程度にしか自宅に帰らない。 ヤキモチ焼きな割に鈍感で抜けた所があり、他のヒロイン達が歩に思いを寄せていることに気付かないため、妹の美咲を歩の浮気防止目的で見張せたら入院中で自分が不在なのを良いことに出し抜かれたり、桃里の思い人が誰かよく確かめずに応援し、その結果、桃里が歩に告白し肉体関係を持つように知らずにお膳立てしてしまう。 他、仮眠を取って美咲と歩を二人きりにする、歩がかおりと親しげに話していても浮気を疑わない等、歩に浮気の機会を自分から与え、見逃してしまうことが多い。 鷲野 美咲(わしの みさき) 声 - るり香の妹。 現役女子校生。 ハチャメチャな性格で、姉のるり香をも巻き込むタイプ。 歩のことを「お兄ちゃん」と慕う。 パリ赴任中に歩がしないよう、るり香にお目付け役を頼まれるが、実は小さい頃から歩に想いを寄せていた。 母親には黙って家を出ており、るり香からは同居の許しは得ていない。 姉の言いつけを口実に歩のマンションに押し掛けて同居し、精力剤を仕込んだ手料理を歩に食べさせ、思惑通り歩と肉体関係を持つ。 ちなみに母親には歩への思いを見抜かれており、歩のマンションに滞在していることを知ると激怒され、結局実家に帰った。 奈川 ゆかり(ながわ ゆかり) 声 - るり香の入院先で、彼女の担当となる。 巨乳であり、るり香に嫉妬される。 大きく2つに結った三つ編みを輪にしたヘアスタイルが特徴的。 歩のでありかつで、互いが初恋の相手。 幼少期は病弱で病院によく掛かっており、外であまり遊べず、外で遊びたい盛りの歩を引き留めるために「お医者さんごっこ」に誘い、うまく患者役を演じて頻繁に遊んでいた。 かつて親同士の事情から離れ離れとなってしまった歩に、今も想いを寄せている。 ある島で歩と形だけの結婚式を挙げている。 奈川姉妹の長女で実父は沢越止。 名前は「紫」に由来。 互いに知らないが、歩とは異母兄妹でもある。 『サマラデ1』の神楽と瞬の会話中で、奈川姉妹と伊能家の血縁関係が明らかにされている。 小さい頃は歩と仲が良かったが、上記の件で離れ離れとなった。 『PonPon』の時点では看護婦となって歩と再会し、を持つ。 その後に別の男性と結婚したものの 、歩との関係は同時期に彼と関係を持った女性達と同様に続いている。 沢越 桃里(さわごえ とうり) 声 - るり香の隣室に入院してきた、の妊婦。 明るくな。 大変ボリュームのあるポニーテールに結った髪と太眉が特徴。 父親の工場が潰れかかった際、止が出資してくれたのを切っ掛けに当時通っていた学校卒業直後に智正の妻となったが、夫が偏屈な趣味を持っている上、結婚前に男性との交際経験がなく、自身の性知識の乏しさやドジであることが重なって災いし、性生活が上手く行っておらず、舅である沢越止に相談に乗ってもらっていた。 その結果、止と肉体関係になり、その子を妊娠したが、止はそれを妻に知られるのを恐れたためか、逃げる様にパリに単身赴任している。 るり香とは旧知の仲。 夫婦生活の参考によりによって逆凌辱系のアダルトビデオを選んで間違った知識を身に着けてしまい、智正をベッドに縛り付けて強引に肉体関係を持って泣かしてしまって以降セックスレスになっており、夫婦関係はほぼ破綻している。 歩とは病院で出会い、結婚した経緯や姑や夫との関係等の相談に乗ってくれる歩に惹かれる。 人妻である上に出産を控えた妊婦であるにもかかわらず、歩に告白して裸で迫り、肉体関係を持つ。 この際、始終ナースコールを押したままで行為に及んでいたため、病室で起きた詳細をすべてナースステーションの看護婦達に聞かれた。 歩とのセックスの刺激で産気付き、出産している。 実は既に人妻であった彼女の母親が止と不倫して産まれた娘で旧姓は戸田。 夫の智正とは事実上の異母兄妹に当たるが、おそらく母親の配偶者が彼女の戸籍上の父親となっており、実父の存在を知らない。 設定上、彼女の母親と戸籍上の父親との間に 桜花(おうか)という名の異父妹がいる。 板崎 かおり(いたざき かおり) 美咲の後輩。 美咲の通う学校への進学を希望している。 内気な性格で、るり香の入院先の周りを不安そうにうろつきながら、入りたそうにしている。 自分の学校の卒業生である男性と交際しており、その「先輩」と呼んでいる彼氏から貰ったを制服に羽織っている。 彼氏が美咲と同じ学校の生徒で、美咲より2歳程年上らしい。 性知識が乏しく、彼氏とは最後まではしなかったが、キス以上のことをしたのと生理の遅れから自分が妊娠したと思い込み、病院に行くが、受付に行く勇気が出ず、病院の周りをうろうろしていた。 彼氏とは最後まで性交渉していないため、医師から「検査の必要はなく、妊娠してない」と言われるが納得せず、歩に身体検査を依頼し、成り行きで肉体関係を持つ。 優しくしてくれる歩に思いを寄せるようになり、彼氏の先輩は結局振って別れる。 見ず知らずで声を掛けられ、付き合いのまだ浅い歩のことを信じ切っており、美咲を歩の実の妹、るり香を会社の先輩と解釈し、歩に自分以外の女性関係があることを疑わない。 妊娠したため、進学先の入学試験に合格したが、入学は断念している。 キリシマ 民恵(キリシマ たみえ) るり香の会社の上司。 勝手に仕事を放り出して帰国したるり香を、連れ戻しに来る。 本当はるり香と同じく軍人であり、配属先の隊長だが、機密情報であるため歩の前では主任と呼ばせる。 歩が怯む程性欲旺盛。 重原 さつき(しげはら さつき)。 時折、歩の目の前に現れて無言で立ち去っていく謎の人物。 隠しキャラだけあり、攻略手順が非常に特殊。 鷹司 ありす(たかつかさ ありす) るり香らの入院した病院の看護婦長。 あるルートでは「攻略」が可能となる。 『PonPon』ではでっぷりと太った姿の女性だが、10数年前が舞台の『スノラデ』ではヒロインの1人であり、若く美しい姿で登場する。 『サマラデ』では鷹司りでるの母となり、神楽らの世代の血縁者からは、「あっちゃんおばさん」と呼ばれている。 『サマラデ2』時点で初花達とは違い、止とは疎遠になっており、愛人関係ではない。 若い頃の姿を知らない娘のりでるからは「ドラム缶のようなお母さんがオーナー(止)の愛人だったわけがない」と言われている。 沢越 智正(さわごえ ともまさ) 『PonPon』に登場。 桃里の夫で沢越止とその正妻である巴の子。 妻の桃里や歩とは異母兄弟。 幼少期より、止の身勝手さを見てきているために、相当の苦労人となっている。 冴えない外見だけでなく、非常に騙されやすい性格をしており、明らかにウソ臭い歩の冗談を真に受けて実行に移した結果、大恥をかいてしまったこともある。 でセックス自体をあまり好まないなど、好色な止の息子の中ではかなり大人しい方であるが、を所持していたり、桃里にさせ、渡した台本の台詞を読んでもらい、それを聴きながらのは好むなど、やはり止の子としての一面は持ち合わせている。 桃里と結婚したばかりの頃、妻をコスプレさせて目の前で自慰に耽るだけでいつも終わるため、夫婦生活がないことに業を煮やした桃里がよりによって系のアダルトビデオばかりを参考にし、ベッドに縛り付けられて強引に関係を持たれ、泣かされる羽目になる。 以降、妻とはセックスレス状態である。 桃里の産んだ子の第一子は止との子であり、第二子は歩との子であり、いずれも智正の血を引いていない。 『サマラデ1』では学生時代に異母兄弟の間瞬と出会い、親友になっている。 PureMailの登場人物 [ ] 『PureMail -ピュアメール-』に登場 [ ] 緒方 圭(おがた けい) 声 - なし(PureMail)、(ぷれじゃ〜ボックス、アダルトアニメ版PureMail) 『PureMail』の主人公。 現在は親戚である養父母の元で暮らしている。 幼少時のトラウマが原因でに陥っているため、人付き合いが悪く、情緒不安定に陥ってしまっている。 更に同級生からは、碧と交友関係にあるという理由で陰湿な嫌がらせを受けている。 ゲーム版では目元が隠れた状態で描かれ、顔立ちが明確ではないが、アニメ版では明確に顔が描かれている。 7年後を描いた『その後のピュアメール』(『ぷれじゃ〜ボックス』に収録)では、大学生に進学しており、PTSDの症状も落ち着いているが、その一方で女性達とのソフトSMに嵌っている。 碧と交際を続けながら、美紀ともを持ち続けるなど人間関係の問題は改善できておらず、選択ルートによっては『PureMail』で関わった女性達全員を妊娠させてしまうことになる。 また、選択ルートによっては美紀の弟の泰介と間違えて肉体関係を持ってしまう。 実父は沢越止、母親は刑事。 以前の両親から虐待を受けたため、緒方家へ引き取られた。 しかし、『その後のピュアメール』によれば、養母(藍の実母)は圭の実母であり、愛人関係だった止との間に圭が産まれた後、母が止から逃げて圭の養父と結婚した後、圭を引き取ったことが真相であり、藍とは異父兄妹であることが判明した。 アニメ版での実父らしき人物の容姿は止とはほとんど別人になっている。 奈川 碧(ながわ みどり) 声 - 圭のクラスメイト。 子役のモデル経験を持つが、悲しい体験もしており、芸能活動を止めている。 「EVE」というで、「A. W」(圭のハンドルネーム)と毎晩を楽しんでいる。 Wと圭の両方に惹かれているが、2人が同一人物であることには気付いていなかった。 成績優秀で表向きは優等生だが、少々気が強く、友達付き合いが苦手で小学生時代はいじめられることが多かった。 チャットでは自分の親友の悪口を書くなど、嫉妬深い一面を見せる。 エンディングは合計7種類。 ストーリーの終盤で両親が離婚することになり、転校することになる。 7年後を描いた『その後のピュアメール』では、芸能界に女優として復帰し、幾つもの映画に出演するほどの人気ぶりである一方、交際相手の圭に「ライバル女優を犯してビデオに撮って弱みを握れ」という指示をしたり、「浮気をしたら圭も浮気相手も殺すかも」と言い、浮気相手がいる場合は浮気相手の数だけ圭にハサミを送り付けるなど、さらに腹黒い性格になっている。 『スノラデ』に登場する の次女で、『PonPon』に登場する は異父姉(浅葱の娘達の戸籍上の父親は奈川重蔵で全員共通しているが、全員実父を知らない)に当たる。 アニメ版では言及されず、彼女自身も知らないが、圭とは叔父と姪の関係にあたる。 澤永 美紀(さわなが みき) 声 - 圭とは作中の1年前に同じクラスだった少女で、圭へは1年前から想いを寄せていた。 自宅が近隣にあり、家族ぐるみで付き合いのある碧とは小学校時代からの親友同士。 勉強は今一つ苦手。 明るく活発だが、個別ルートでは親友である碧と圭を引き離すために碧を街の不良と交際させようとするなど、腹黒い一面を見せる。 エンディングは2種類。 7年後を描いた『その後のピュアメール』では地元の大波良教育大学に進学し、教員採用試験の倍率の高さにめげて圭に「永久就職」を迫って喧嘩になり、その後、仲直りしに来た圭が自分と弟の泰介と間違えて肉体関係を持つことに繋がる。 めげてはいたものの教員採用試験をパスできたようで、『スクイズ』では体育教師として勤務している。 また、時系列では卒業後にあたる『スクイズ』では本人の登場がなかった代わりに弟である泰介が登場し、美紀は社会人になっても実家へロクに金を入れていない ことを語っている。 また、『クロイズ』での泰介の話によると、澤永姉弟の戸籍上の父が会社でリストラされたため、双方の出来事が重なり、泰介へ経済的な皺寄せが来ていることが明かされた。 実父は 伊能歩。 アニメ版では説明されず、彼女も知らないが、圭の姪で、碧の異母姉妹でもある。 結城 綾華(ゆうき りょうか) 声 - 圭のクラスの委員長である資産家の令嬢で、高飛車な性格をしている美紀とは犬猿の仲であり、圭と親しく接する碧とは何かにつけて対立する。 作中登場する女性の中では一番の常識人。 どのルートでも終盤でを迎え、転校してしまう。 エンディングは1種類。 7年後を描いた『その後のピュアメール』では、両親がカルト宗教へ入信しかけている以外の詳しい様子は明らかにされていないが、圭とはメールなどを通じての関係を続けている。 ルートによって圭が他の女性を連れて行ったラブホテルで綾華の母が清掃員として働いており、浮気を目撃され、圭の浮気を綾華が知ることになる。 緒方 藍(おがた あい) 声 - 寧々 圭の妹。 圭に対して口うるさく、他のヒロインからの電話を取り次がなかったり、個別ルートでは圭のチャットへ割り込んで「EVE」と別れさせようとすることもあった。 エンディングは2種類。 7年後を描いた『その後のピュアメール』では、圭を追って一浪した後、同じ大学に進学し、彼のいるアパートに引っ越している。 圭の話によると彼を誘惑して関係を持ってしまったとのこと。 緒方夫妻の実子で圭とは無縁の兄妹のはずであったが、圭が本当は母が沢越止との愛人関係の果てに産んだ子で、止から逃げて別の男性との結婚後に引き取ったらしく、圭とは異父兄妹であったことが明らかとなっている。 アニメ版では、口やかましさが抑えられている。 青葉 衣里(あおば えり) 声 - 藍の親友で、彼女の兄である圭へ想いを寄せる孤高の人。 兄・ ヒデオは街で有名な不良であるため、衣里も不良達から一目置かれているが、彼女自身はあまり良く思っていない。 エンディングは1種類。 アニメ版ではアプローチされた圭以外の男と肉体関係を持ち、付き合い始める。 真東 悠美(まとう ゆみ) 声 - 、(アダルトアニメ版PureMail) 圭の学校の生徒会役員。 隠しキャラクターであり、2周目以降に表示される特定の選択肢を選んだ場合にのみ出現する。 エンディングは1種類。 7年後を描いた『その後のピュアメール』では、圭や進一と同じ大学に進学している。 アニメ版ではメインキャラクターとして登場しており、学校のコンピュータのサーバー管理者という立場を利用して圭を脅し、自らの性欲処理をさせている。 関端 りん(せきはた りん) 声 - 圭の担任である関端邦宏の娘で母は。 『PureMail』における隠しキャラクターの1人である。 最低でもゲームを3週しなければルートに入ることはできず、そのルートに入るのも非常に難しい。 エンディングは2種類。 家は裕福ではなく、古い木造アパートで父と2人暮らし。 圭をからかったりするが、父は仕事の都合上家にあまりおらず、寂しい思いをしている。 母の萌華は父と結婚して関端姓であったが、祖父の 沢越止に母を連れ去られてしまい、それ以降は父から辛く当たられている。 孤独な境遇が圭と共感し合った末に、とあるルートでは、圭の子を妊娠している。 7年後を描いた『その後のピュアメール』では女子校に進学。 圭との関係を知られたため、父によって彼と引き離され、田舎に押し込められていた。 それでも、圭に対しては一途に思いを寄せ続けており、彼との間に身篭った娘・ 小凜(こりん)を出産(母親であるりんに似ている)。 その後、独力で圭の居場所を突き止めて、婚姻届けを片手に娘を連れて彼の下を訪れている。 しかし、婚姻届けを提出しに行こうとした朝、自分が着替えている間、小凜と遊んでいた圭が昔のりんを思い出して性的悪戯をしてしまったのを見つけ、圭を家から叩き出した。 作中で言及がなく、圭も彼女自身も知らないが、彼女の母 萌華と圭は異母姉弟であり、圭とは叔父と姪の関係にあたる。 柴 進一(しば しんいち) 圭のクラスメイトで、自称「圭の親友」。 アニメオタクであり、頭にを巻いて眼鏡を掛け、カメラを持ち歩いているなど、いかにもな容姿をしている。 写真部に所属する傍ら、裏ではも行っているといううわさがある。 やや無神経な性格。 圭の異母兄弟という裏設定があり、も実弟に当たるが、容姿は著しく似ていない。 7年後を描いた『その後のピュアメール』では、圭と同じ大学に進学。 彼の抱える悩みを、おでんの屋台で聞くことになる。 『ピュアメール外伝』に登場 [ ] 古谷 奨(ふるや しょう) 外伝の主人公。 葵学園の生徒であり、圭や碧と同じく2年A組に在籍。 クラスで孤立していく真彩のことを心配している。 何気なくメールで関わった「久美」と名乗る女性とメル友になり、親しくなっていく。 友人関係はあまり良くない。 友坂 真彩(ともさか まあや) 外伝のヒロイン。 プロローグでふらついていた所を奨と出会った後、2年A組へ転校してきた。 以前は付近でもトップに当たる進学校へ通っていたらしいが、真彩自身はそれについて話すことを極端に恐れている。 周囲に心を閉ざすが、何かと気遣ってくれる奨に対してだけは、次第に頼るようになっていく。 時折嫌味めいた発言を悪気なく口にし、トラブルに発展することもある。 読書が趣味で、一度本を読むと周りが見えなくなってしまう。 久美(くみ) ある時、奨の携帯メールでメル友になって欲しいと接触してきた謎の人物で、過去に自殺した真彩の親友と同じ名前である。 気まぐれで奨は久美の相手をするようになり、親しくなっていくが、何故か奨の行動を知っているかのようなメールを送ってくることがある。 Snowラディッシュバケーション!! の登場人物 [ ] 伊能 神楽(いのう かぐら) 声 - (スノラデ)、 紫苑みやび(サマラデ1) 『スノラデ』の主人公である女性。。 模手原商科大学 4年生。 女手1つで自身を育ててくれた母・萌葱の負担にならないよう、従業員である鷹司ありすと共に、彼女の経営するスノーラディッシュの手伝いをしている看板娘。 ラブロマンスに憧れるロマンチスト。 自身の通う塾のアルバイト講師である止に憧れを抱いている。 模手原商3年時の春休みに出先で自転車が壊れ、して自宅に帰ろうとしていた際に引っ越し中の止と偶然会い、乗せてもらった車で止と肉体関係になり、後述の を身籠る。 本作のストーリー終盤、親族や友人の前で「止に襲われた」と狂言を打ち、止と婚約する。 沢越止と萌葱の子。 止の子では長女に該当し、止の血を引く子供の中で最初に生まれた子である。 止には娘として認知されていない。 『サマラデ』での伊能神楽についてはを参照。 止(とまる) 声 - なし(PureMail、スノラデ、サマラデ1、サマラデ2) 、(版PureMail) 医大生であり、伊能神楽らが通う塾でを勤めていた。 のであり、本項で説明する人物の多くは止の血を引いている。 後に 沢越巴を妻に娶るが、女癖は非常に悪く、学生時代から多数の女性との間にを持ち、子を作っており、また手を出す女性の中には、まだ10代にも満たない者までいる。 『サマラデ』での沢越止についてはを参照。 沢越 巴(さわこえ ともえ) 声 - 森本れおな ヒロインの1人で、富豪のお嬢様。 おっとりした性格で人間関係には慎重。 浅葱とは同級生。 後に止と結婚して息子の智正を産む。 『スノラデ』の時点では清楚なお嬢様だったが、数十年後となる『PonPon』の時点では、厳しい姑になっている。 『サマラデ1』で止がサマーラディッシュに置いて行ったビデオの中に「新婚旅行で妻と」というタイトルのものがあり、名前は出てこないが、映っている止の妻と思わしき女性(視聴した瞬曰く「凄い美人」)はおそらく彼女である。 なぜか新婚旅行先で複数の男達にされる様子が夫の手によって撮影されている。 姉はと愛人関係にあり、2人の間にできた子が止である。 これに準拠した場合、止とは叔母と甥の関係になる。 伊能 萌葱(いのう もえぎ) 声 - 紫苑みやび ヒロイン。 神楽と歩の母。 未婚ので兼宿泊施設の「スノーラディッシュ」を経営しながら子供達を育てており、この店が後にチェーンへ発展する。 やや、御人好しと言えるまでにおおらかな性格で、女癖の悪過ぎる止に未だに思いを寄せ続けている。 娘の神楽が実父の止と肉体関係となったことを咎めないだけでなく、時にはそれを後押しするような発言すら行う困った人物。 少女時代は浅葱がコンプレックスを抱く程、近所や学校でも評判の可愛らしい容姿であったらしく、『スノラデ』でも娘の神楽と共に評判の美人であり、農協で言い寄ってくる男性がいる。 富豪であると正妻の娘であり、止とは異母姉弟に当たる。 周りから止との仲を裂かれ、エスカレーターで県立大波良への進学する前に神楽を産む。 以降、スノーラディッシュで働き、先代オーナーから後を継いで経営者になった模様。 『スノラデ』のストーリー後、止の金策でラディッシュでありすと共に客を取らされていた。 また、妹の浅葱の一家とラディッシュで共同生活をしていたが、浅葱が息子の歩に後遺症が残ってしまうまでの調教を施したことで 、彼女と激しく対立した末、物別れになってしまった。 歩はその後の回復まで、数年間を要することになった。 娘の神楽と共に発狂状態に陥った歩にあえて犯され、他の娘達に手を出さない様にしていた。 葵学園在学中に異母弟の止と恋に落ちて神楽や歩を身篭っており、後にラディッシュで止と再会した際にも関係を持ったことで、踊子、萌華を作った。 『スノラデ』以前に作った止との子達には、止の名に因んで人の動作に関係のある名を付けている。 『サマラデ2』では、既に他界している。 止にとっては初恋の相手で最愛の女性であり、「最期まで文句一つ言わずに尽くしてくれた本当に良い女だった」と止の口から語られ、死を惜しまれている。 伊能 浅葱(いのう あさぎ) 声 - ヒロインの1人で、萌葱の妹。 本人は知らないが、止とは異母兄妹に当たる。 姉とは違い、活動的でハッキリとものを言う性格。 姪の神楽には「叔母さん」ではなく「お姉ちゃん」と呼ばせている。 止とは同じ大学の先輩・後輩として知り合い、冬休みに「スノーラディッシュ」に運転手として連れて来た。 『スノラデ』時点で既に 奈川重蔵(ながわ じゅうぞう)と交際中だったが、まだ肉体関係はなく処女だった。 彼氏がいながら止とスノーラディッシュで肉体関係を持ち、『PonPon』のヒロインである を身籠る。 後に重蔵と結婚して奈川姓となっているが、止に篭絡されて以降、彼に強い未練を持ち続けており、止がラディッシュの金を持ち逃げし、ラディッシュが倒産寸前に陥った際、止の息子で自らの甥でもある歩が預けられ、彼に止の面影を見たことから、歩が好意を寄せている娘のゆかりをダシにし、も始まっていなかった歩に自分の性の相手をさせ、数年間発狂状態に陥るを残す程の調教を 澤永の母と共に施している。 その後、一時期家族共々ラディッシュで暮らし、歩に更なる調教を施していたが、自分の行為を知った重蔵が神楽と強引に肉体関係を持ったことに自分と歩の関係を棚に上げて逆上した末、家族を連れて強引に出ていってしまっている。 また、この際に歩は浅葱に捨てられてしまった。 、、の3姉妹を産んでいるが、いずれも重蔵の実子ではなく、ゆかりは止との間に作った子、碧とさくらは調教していた時期の歩との間に作った子である。 『スノラデ』で止と関係を持った後、子どもができたらどんな名前が良いか考えていた際、神楽から、姉の萌葱と彼女の名前に因んで「色に関連する名前が良いのではないか」と提案された。 実際、奈川姉妹には3人とも色に関する名前を付けている。 『PureMail』での碧と圭のチャット内容によれば、夫の重蔵は自分の研究室を構えた研究者になっており、奈川家と澤永家は近隣に位置し、澤永の母は重蔵の研究室の研究員として働いている。 碧と美紀が親友同士であることから、澤永の母とはラディッシュを出て行った以降も非常に親密な関係であることが伺える。 次女の碧を子役・モデルとして芸能界に売り込み、碧が父親として慕う重蔵への手紙を書籍化して公表、それがベストセラーになってしまい、娘の気持ちを金儲けの道具にしてトラウマを植え付ける等、かなり身勝手かつ拝金主義的な性格が顕著に描かれている。 『PureMail』のストーリー終盤で結局重蔵とは離婚することになった。 「ラディッシュ」の経営に加わり、チェーン展開にも大きく関わっている。 鷹司 ありす(たかつかさ ありす) 声 - スノーラディッシュ近郊の農家の一人娘。 「あらあら」が口癖。 対人恐怖症気味で人見知りな性格。 『スノラデ』の時点では准看護師を経て、看護短期大学に入学し直し、正看護師を目指しながらスノーラディッシュでのアルバイトに励む。 その折に止と肉体関係を持ち、りでるを産んだ。 止と関係を持つまでは処女で、年齢の割に男女関係に対して非常に奥手だった。 『PonPon』では正看護師として登場し、看護師長(本編での呼称は「看護婦長」)の役職に就いている。 間 初花(はざま はつか) 声 - 近所に住んでいる神楽の同級生。 同じ塾にも通っていた。 いかつい感じの母親がいる。 農家の娘で名前は「二十日大根」にちなんで名付けられた。 鷹司ありすとは遠縁。 『スノラデ』時点で既に他界している実の父親との仲は非常に親密で挿入はしていなかったものの肉体関係があり、初潮が来たら父親に処女を捧げる約束をしていた。 止と肉体関係を持ち、瞬や空、時を産んでいる。 『スノラデ』の後も止に夢中のまま愛人関係を続けていたため、瞬や空が止に関わってしまうこととなった。 神楽との友情は『スノラデ』後も続いており、模手原忠商事時代に彼女が新人研修担当社員に拉致・監禁された際には、その救出に一役買っている。 『サマラデ』以降立ち絵は描かれないが、台詞のみ登場。 『サマラデ2』で止との会話を盗み聞きしていたりでるによれば、美しい姿を維持し続けている模様。 Summerラディッシュバケーション!! シリーズの登場人物 [ ] 『Summerラディッシュバケーション!! 1』の主人公。 沢越止と間初花の長男。 母の愛人である止の存在が原因で家に居辛くなり、母の親友で、自身の異母姉でもある神楽の元で住み込みのアルバイトを始めるが、そこにも現れて神楽や踊子達の身体を狙う止を妨害するべく、行動することになる。 『サマラデ2』では、りでるとの血縁関係を知って悩んでいた空を後押しした。 女癖は歩同様に悪いものの、罪悪感の欠片もない止のような非道な仕打ちは行わず、自らの過ちにも後悔を少なからず感じている。 後年に壮年姿となった『サマイズ』でも 、相変わらず女性に流されてしまうことは多いが、自分を父親と認識してくれている娘・刹那のためにどうにか直そうとはしている。 なお、踊子が就任するまでは、スノーラディッシュを経営する神楽に代わってラディッシュ店長を務めていた。 ShinyDaysでもラディッシュ店長として登場している。 Daysシリーズにおいて、瞬の娘は、世界(踊子の娘)、刹那(舞の娘)、一葉・二葉・葉音(若葉の娘)、路夏(不明)、いのり(夏日の娘)が該当している。 伊能 神楽(いのう かぐら) サマーラディッシュ(1号店)の店長を務める女性。 踊子の姉であり、舞の母。 『スノラデ』のも参照。 作中では妊娠中で、臨月を迎えつつある。 止の金策によって彼以外の男性ともを持たされたり、発狂状態に陥った実弟の歩が他の女性に手を出さない様にした結果 、年に1度は妊娠と出産を繰り返し、既に15人もの子供がいる。 また、日系のハーフである3人の子供の面倒も見ている。 母の萌葱共々踊子が兄の歩に異性として想いを寄せ、未だ諦めていないことを心配している。 実父でもある止とは数年前に死んだ長女・の一件から疎遠となっていたが、またしても自分の前に彼が現れたことで、女性としての想いに翻弄されることになってしまうが、最終的には親友の初花の息子である瞬と恋に落ち、彼によって救われた。 止への想いと関係に終止符を打ち 、瞬との間に3人の子を設けた。 『サマラデ1』後は、娘達の何人かと共に、生まれ故郷にあるスノーラディッシュへ落ち着いている。 『Shiny Days』では、既に他界していることが明らかになっており、主人公の誠(異母弟)と孫の刹那が墓参りをしている。 寝取られルートでは、止によって再び客を取らされてしまうことになる。 伊能 踊子(いのう ようこ) 声 - (サマラデ1)、 (スクイズ以降)、(TVアニメ版・PS2版スクイズ) 神楽の妹。 舞の同い年の叔母であり異母妹。 サマーラディッシュへ向かう途中の瞬と電車で出会い、親しくなっていくことになる。 勉強に対して集中力が高く、成績優秀で名門校である県立大原に通っている。 舞と容姿は似ているが、優等生で比較的大人しい性格。 以前は兄である歩に想いを寄せていたが 、彼が姉の神楽と肉体関係を持っていたことを知り、さらに歩が大学進学後、るり香と付き合い始めたため失恋に終わっている。 姉と同様に母親は『スノラデ』のヒロインである伊能萌葱で、父は止。 寝取られルートでは、止に実兄への想いを付け込まれ、化させられてしまう。 後に瞬と肉体関係を結び、を産むが、瞬とは彼の女癖の悪さから疎遠となっている。 『』では「西園寺」姓となっており、ラディッシュの1店舗の店長を任される。 伊能 舞(いのう まい) 声 - 、 (スクイズ以降) 神楽の次女で、止と神楽の子。 踊子の同い年の姪であり異母姉。 踊子と容姿がよく似ており、双子の姉妹であるように仲が良い。 活発で元気な性格。 自身を踊子と間違った瞬のことを最初は嫌っていたが、次第に気になる存在となっていく。 実は瞬とは幼馴染であるが、お互いに覚えていなかった。 踊子とは対照的に勉強が苦手で「綿女」(わたじょ)と呼ばれるやや偏差値の低い女子校に通っている。 父は止。 寝取られルートでは、止に性奴隷化させられてしまう。 瞬と肉体関係を結んで娘のを産むが、その後は実家を離れている。 『』では、「清浦」姓となっている。 二条 若葉(にじょう わかば) 声 - サマーラディッシュの近くに住んでいる少女。 サマーラディッシュの制服に憧れており、そこでのアルバイトに興味を持っている。 サマーラディッシュの制服がどうしても着てみたくて更衣室に忍び込み、自分の制服姿を写真に撮るために制服を試着していた現場を瞬に抑えられ、着替えの際に言っていた独り言等を聞いて興奮した瞬から「不法侵入を警察に通報されたくなければ言う通りにしろ」と脅されて肉体関係に至る。 普段こそ内気な性格であるが、いざとなると大胆な行動に出ることもあり、それは瞬相手にも発揮することになる。 父は止で母は神楽の同級生でもあり、母は模手原商時代から止と愛人関係になっていた。 寝取られルートでは、止によって母と共に性奴隷化させられてしまう。 瞬との間に娘である葉音、一葉と二葉の双子の3人を産んでおり、他にも三葉、四葉という娘達もいるが、実父については不明。 二条の血筋は、全員がに色違いのをしたそっくりの容姿になっている。 伊能 理奈(いのう りな) 声 - 神楽の娘で、第10子に当たる。 『サマラデ1』時点で7歳。 父は止。 明るい元気な性格。 理央とは双子のようにそっくりで、仲も良いが、実は異母姉妹であると同時に理央の叔母にあたる。 ルートによっては最後に止に騙され、理央共々連れ去られてしまう。 『サマラデ2』の時点では既に他界しているが、経緯は不明。 伊能 理央(いのう りお) 声 - (サマラデ1)、なし(サマラデ2) 神楽が公には理奈の双子の妹として育てている少女で、神楽の実子ではなく、既に他界した娘の始と止の間に生まれた神楽の孫。 『サマラデ1』時点で小学2年生の7歳。 理奈の異母姉妹であると同時に姪にもあたる。 理奈に比べると内気な性格。 この当時は、瞬に片想いしていた。 ルートによっては最後に止に騙され、理奈共々連れ去られてしまう。 自身が瞬に想いを寄せ、止を嫌っていたことから、神楽の元から連れ去られて止に孕まされてしまい、現在は彼の愛人として囲われ、その間に娘の 理沙(りさ)を産んでいる。 また、理沙の他にも1児を孕んでいる。 後に、「サマーラディッシュ」の1店舗の店長を任される。 『サマラデ2』には写真のみ登場。 大人になった彼女の姿は美人であり、理香が持って来た理沙と一緒に撮られた写真を見たりでるからも「きれいな人」と評される。 叔母で異母姉のりんによれば神楽の元から養子に出たことになっており、止の愛人の立場に甘んじていることから、止を嫌悪している彼女からは好かれていない。 沢越 止(さわごえ とまる) を本業としながら、「ラディッシュ」のを兼業する。 『』では普通の大学生風の容姿だったが、『サマラデ1』では地の姿に髭を貯えた、『サマラデ2』では豹柄のシャツ・長髪に髭面・の風となっており、一人称も「儂」に変わっている。 『スノラデ』以前に葵学園で異母姉である伊能萌葱と恋に落ちる。 しかし、後に周囲から萌葱との仲を裂かれ、当然親からは縁を切られて、喧嘩同然に家を飛び出し荒む。 萌葱と再会した際に伊能歩を作り、再び萌葱の前から出奔する。 後に『スノラデ』で大学生となって茂手原市に戻り、出奔中に産まれた実の娘、神楽とアルバイト先の塾講師と教え子として出会う。 一部の塾の教え子達と肉体関係を持ち、それが他の人間に知られ始めたため、明るみになる前に大学院進学を口実として塾講師を辞め、今度は神楽達の前から出奔した。 引越する直前、最後に偶然路上で会って車に乗せた神楽と関係を持つ。 異母妹の伊能浅葱と実の叔母である沢越巴とは大学の先輩・後輩として出会い、2人の運転手としてスノーラディッシュを訪れ、神楽・萌葱と再会する。 ちなみに逆玉の輿が目当てで巴とこの旅行で肉体関係を持ち、交際し結婚することを目論んでおり、実際『PonPon』では結婚している。 伊能姉妹と止の父、伊能上の愛人であった止の母親は巴の実姉であり、巴とは叔母と甥の関係になる。 女性を妊娠させることに強い執着を持っており、異母姉妹に当たる伊能萌葱・浅葱をはじめ、実娘や孫娘、叔母、更にはその子孫にも子を産ませている。 結婚した実娘をその夫から奪い去って篭絡するなど倫理観が常軌を逸しており、血縁のない女性も既婚・未婚・年齢に問わず手を出している。 また、方々で作った子供達が止と同様に近親者と認識している相手に手を付けたり、互いが近親者であると認識しないまま肉体関係へ至って子ができてしまうことも多く、非常に複雑な家系図が成立してしまっている。 警察にまで顔が利くのをいいことに、他にも数々の悪事に手を染めており、『サマラデ』の時点でも神楽や彼女の娘達の身体を狙ってサマーラディッシュを訪れ、彼女達への非道な行いを繰り返す。 『サマラデ2』では、サマーラディッシュ4号店店長を代行している。 ここでも店の女性に手当たり次第手を出し、まだ小学生にも満たない幼い理香にまで性技を仕込んで妊娠させようとすることの悪辣振りを見せた結果、最後には実の娘であるりでる の手によってされた。 『Summerラディッシュバケーション!! 1』より登場 [ ] 江幡 夏日(えばた なつひ) 声 - (Shiny Days) 血まみれになって倒れているところを瞬が発見して助けた、大波良大の薬学部の大学生 6年生の女性。 瞬に助けられた後、彼の泊まり込んでいる部屋に居付いてしまう。 常に何かに脅えており、何も話すことができない。 実は芸能人の娘。 母が騙され続けた結果、膨れ上がった借金を精算するための性奴隷として止に売られそうになったところを、たまたま通りかかった瞬に助けられている。 寝取られルートでは、止によって妊娠奴隷にさせられた姿を録画した動画が瞬へ送られてくる。 『Shiny Days』では、メインヒロインである足利いのりの母親として登場。 神社の神主と籍を入れる予定になっているが、過去に男女の関係となっていのりの父親にあたる間瞬が、いのりの親権を奪おうとしていると思い込んでおり、神社の人間共々彼を一方的に敵視しているが、瞬の方に親権を奪う意思はない。 『Summerラディッシュバケーション!! 2』より登場 [ ] 鷹司 りでる(たかつかさ りでる) 声 - 『サマラデ2』の主人公。 『スノラデ』のヒロインの1人鷹司ありすの娘。 空とは幼馴染であるが、距離が非常に近いために異性としては見ていなかった。 単純で騙されやすい性格だが、勘は鋭い。 夏休み前に空と喧嘩してしまった後、サマーラディッシュ4号店で鼻の下を伸ばしている彼の姿を見て嫉妬。 たまたま通りかかったオーナー兼店長代理の止に頼み込み、アルバイトとして店へ乗り込む。 父は止。 幼馴染の空とは兄妹のように育ち 実は異母兄妹だが、本人たちは知らない上、りでるが若い頃のありすの容姿を知らないため、自分の母と止の関係を信じなかった)、異性とは意識していなかったが、やがて彼への想いを自覚して結婚に至る。 しかし、夫の空ともども家の外では浮気中。 異母姉の神楽と同じく止に篭絡され、止の子供を出産後、客を取らされるようになる。 それ以前にも2人の子を儲けているが、これが止の子供かは不明である。 ルートによっては止を去勢する。 間 空(はざま くう) 声 - なし りでるの幼馴染、止と初花の次男で末っ子で間瞬と間時の弟。 りでるとの喧嘩後、念願の単車を購入して乗りまわしていた時に瞬に頼まれ、サマーラディッシュ4号店でアルバイトを始める。 止からりでると自分は止の子で、異母兄妹であると聴かされ、距離を取ろうと図る。 一応りでるのことは妹のように大切に思っており、りでるが止に篭絡されて客を取っている姿を見せられればショックを受けて止を怒鳴り、後にりでるが止に囲われて行方不明になるルートでは懸命に彼女を探す。 女癖の悪さは兄の瞬よりも遥かに酷く、同年代や年上はおろか、まだ就学も迎えていない程の幼い理香にまでと、見境なく手を出しており、止の陰惨な行いに関しても、否定するどころかむしろ肯定的に考えている節がある。 妊婦に欲情する異常な性癖の持ち主でもあり、そういった点が止と意気投合してしまっている模様で、その精神は止の子供の中でも、最も彼に近いものがある。 自分の性癖が異常なことは少なからず自覚があるようで、それについて指摘されると兄の瞬に責任を押し付けており、神楽の妊婦姿のDVDについてりでるに暴露された際にも、瞬のせいにしている。 後にで異母妹のりでると結婚するが、互いに浮気している上にそれぞれ相手に別の子供が居る。 りん 声 - 空とりでるより1歳年上。 普段はスノーラディッシュで働いているが、店員不足のためにサマーラディッシュ4号店へ臨時で手伝いに来ている。 母は神楽で、第9子にあたる。 父は止。 非道な仕打ちを平然と行なう止のことは、姉妹共々心底から嫌っている。 機械いじりが趣味で兄(実は異父兄)の渉からもらったゴーグルを愛用している。 バイクも好きでを自分でカスタムしたものに乗っており、空と話が合う。 渉に好意を抱いていた妹達の1人。 本名は別にあるが、公式設定でも公表されていない。 父親の止がまともに名前を覚えておらずこの名で呼んだため、他キャラクターからもそう呼ばれている。 渉が唯一血の繋がっていなかった姉と結婚してからも、その思いを断ち切れず悩んでおり、渉に雰囲気の似ている空にも惹かれている。 ルートによっては、同じく渉への思いに未練を募らせている自身の姉妹達 と共に、気球に乗って後を追うことになる。 後に空の娘を妊娠している。 伊能 理香(いのう りか) 声 - 佐々留美子 理央の孫。 理沙と止の娘で長女(止にとっては娘であり来孫)。 母親の理沙が妊娠で入院中のために寂しい想いをしており、空を実の兄のように慕っている(実際異母兄妹にあたる)が、止にも懐いている。 祖母と母親が共に止と肉体関係があることを知っており、異常さを感じることなく受け入れ、止と肉体関係になる。 ルートによっては、止の作った怪しい薬によって早熟の身体と化してしまい、空ともになり、止や空の子を妊娠しまうことになる。 楠本 さゆら(くすもと さゆら) の『』シリーズに登場する楠本さゆら本人。 メーカー間のコラボレーションにより登場。 攻略対象ではない。 MISS EACH OTHERの登場人物 [ ] 柴 瑤二(しば ようじ) 声 - 主人公。 共に葵学園へ通うも、顔を合わせればいがみ合うみさおとはで、は兄に当たる。 容姿は著しく兄と似ていない。 不真面目そうな外面とは裏腹に、内心にはみさおへの想いを秘めている。 それゆえ、物語序盤では思い出作りに兄から借りたを園内へ持ち込んでみさおに通報され、先生に説教されている。 裏設定では実父は沢越止となっているが、作中で彼の名前は瑤二が幼少時に通った医師の名前でしか登場しない。 みさお以外との交際や肉体関係が描写されていない上、後の作品にもそれを示唆する描写は存在しないため、沢越止の息子達の中では真っ当な方であることが窺える。 『クロイズ』では、進学後もみさおとの交際を順調に続けていることが示唆されている。 森 みさお(もり みさお) 声 - ヒロイン。 眼鏡っ娘。 幼少時は瑤二と仲良しであったが、お医者さんごっこがきっかけで疎遠になり、現在では顔を合わせればいがみ合う関係。 しかし、内心には瑤二への想いを秘めている。 優等生であるため、瑤二の進学先とは別の学園への進学が決まっているが、ルートによっては瑤二と結ばれ、彼の子を身篭ることとなる。 沢越止とは、幼少時に面識がある。 また、『スクイズ』『クロイズ』に登場する (もり くみ)とは同姓かつ同年に当たるが、血縁関係については不明。 School Days・Summer Days・Cross Daysの登場人物 [ ] 詳細は「」を参照 澤永の母 設定上のみの存在で名前、容姿は不明。 奈川浅葱の級友で、彼女と共に歩を調教した際に美紀を、後には泰介も身籠る。 『PureMail』では奈川重蔵の研究室で研究員として勤務している模様。 『クロイズ』では夫の存在が語られているが、泰介の台詞によれば夫はされてしまい、社会人になった娘の美紀は、遠距離恋愛中の圭とのデートに給料を注ぎ込んで家に金を入れないため、家庭の経済状況が芳しくない模様。 泰介の台詞から澤永姉弟は母の夫が実父ではないことを知らないようである。 二条 三葉(にじょう みつば) 二条 四葉(にじょう よつば) 上記の2人ともの娘。 『クロイズ』の台詞中のみに登場するが、父親は不明。 沢越止の血族 [ ] 沢越止の親類についてまとめる。 前述のように「止の孫や娘が産んだ子の父親も止」といったことが頻発しているため、「娘であり孫である」「娘であり曾孫でもある」といった複雑な関係が多いが、便宜上以下のように記述する。 伊能 上(いのう じょう) オーバーフロー作品に未だ登場していないが、萌葱、浅葱、そして沢越止の父親である人物。 資産家であること以外の詳細は不明。 止は愛人との間にできた子であり、萌葱と浅葱の2人は異母兄弟に当たる。 止と萌葱の関係を知ると仲を裂き、止が荒んで出奔し、後の人柄を形成する大きな原因となった人物。 止の子を妊娠し、周囲の反対を押し切って神楽を産んだ萌葱とは疎遠。 伊能上の娘。 沢越止とは異母姉弟に当たる。 伊能萌葱の妹。 沢越止とは異母兄妹に当たる。 沢越止の妻であり母方の叔母でもあるが、彼と結婚できた理由は不明。 沢越止と伊能萌葱の第1子。 沢越止と伊能萌葱の息子。 沢越止と伊能萌葱の次女。 伊能 萌華(いのう もえか) 沢越止と伊能萌葱の三女。 『MEO』に名前のみ登場。 葵学園の教諭、関端邦宏と結婚して関端姓となり、『PureMail』のヒロインの関端りんを産むが、後に沢越止に連れ去られていった。 以来、止に篭絡されて夫と娘の元に帰らなくなり、これが原因で、邦宏は娘のりんに辛くあたるようになった。 沢越止と沢越巴の息子。 工場の経営者である桃里の戸籍上の父と結婚し、既に人妻だった桃里の母が沢越止との不倫で作った娘である。 沢越止と伊能浅葱の娘。 戸籍上は奈川重蔵と浅葱の長女。 沢越止が伊能神楽の同級生に産ませた娘。 沢越止と鷹司ありすの娘。 上に姉が2人いる。 沢越止が刑事の女性に産ませた息子。 沢越止と間初花の長男。 間 時(はざま とき) 声 - 沢越止と間初花の長女。 『サマラデ1』『サマラデ2』の設定上に存在する女性。 間瞬には妹、間空には姉に当たるが、容姿は不明。 『サマラデ1』には、沢越止に手を出されそうになっていたことが窺える台詞が存在する。 沢越止と間初花の次男。 沢越止の息子であるが、母となった女性については不明。 沢越止の息子であるが、母となった女性については不明。 沢越止と伊藤萌子の息子。 沢越止と伊藤萌子の娘。 沢越止の血族のうち、『クロイズ』の発売時点では一番の年少。 伊能 始(いのう はじめ) 沢越止の娘であり孫。 伊能神楽の第1子。 『サマラデ1』の回想内や、『サマラデ2』の他キャラクターの会話中に登場。 まだ身体が十分成長しないうちに妊娠させられたため、伊能理央を出産すると同時に死亡した。 沢越止の娘であり孫。 伊能神楽の第2子。 伊能 渉(いのう わたる) 沢越止の孫。 伊能神楽の第3子。 『サマラデ1』『サマラデ2』の他キャラクターの台詞のみに登場。 容姿は不明。 父は神楽の通っていた模手原商科大学の校長。 発狂状態になっていた叔父の伊能歩に唆されて母の神楽を犯し、肉欲に溺れて彼女との間に伊能雛子を作ってしまった過去を持つ。 多数の妹達に好意を寄せられており、『サマラデ2』のりんの台詞によれば、妹達と本番には至らないものの肉体関係がある。 唯一血の繋がっていない妹と結婚し、世界一周の新婚旅行に出た後も、諦められない彼女達に追われている。 このため、渉と妹達のトラブルに間瞬は巻き込まれる形となり、困惑している。 沢越止の娘であり孫。 伊能神楽の第9子。 沢越止の娘であり孫。 伊能神楽の第10子。 伊能 雛子(いのう ひなこ) 沢越止の孫であり曾孫。 伊能神楽の第11子で父親は伊能渉。 渉を兄として慕い、彼の結婚後も諦めていない。 沢越止の孫。 戸籍上は奈川重蔵と浅葱の次女だが、実父は伊能歩。 奈川 さくら 沢越止の孫。 設定上のみに登場する、奈川姉妹の三女。 実姉の碧同様、戸籍上は奈川重蔵と浅葱の娘だが、実父は伊能歩。 沢越止の孫。 伊能歩の娘。 沢越止の孫。 父は伊能歩。 美紀の弟。 沢越止の孫。 葵学園の教師・関端邦宏(せきはた くにひろ)と伊能萌華の娘。 沢越止の孫。 間瞬と伊能踊子の娘。 二条家の長女。 父は間瞬、母は二条若葉、沢越止の孫。 以上の2人は、『Summer Days』に登場する双子の姉妹。 父は間瞬、母は二条若葉。 沢越止の孫。 以上2人とも沢越止の孫。 父は不明、母は二条若葉。 以上の5人は『Shiny Days』に登場する沢越止の孫。 三葉、四葉の妹達。 父は不明、母は二条若葉。 沢越止の孫。 間瞬と江端夏日の娘。 沢越止の孫。 間瞬が知人の女性に産ませた娘。 沢越止の孫。 伊藤誠と の息子。 2009年のエイプリルフール動画『Kotonohasama Days』のみに登場。 沢越止の娘であり曾孫。 母は伊能始。 関端 小凜(せきはた こりん) 沢越止の孫であり曾孫。 緒方圭と関端りんの娘。 『その後のピュアメール』のみに登場。 沢越止の孫であり曾孫。 間瞬と伊能舞の娘。 伊能 理沙(いのう りさ) 沢越止の娘であり玄孫。 母は伊能理央。 『サマラデ2』で写真のみの登場。 おとなしい性格であり、沢越止を拒否し切れず妊娠させられ、伊能理香を産む。 その後にも母の伊能理央と同時に妊娠させられ、母娘共々出産のために入院する。 沢越止の娘であり来孫。 母は伊能理沙。 脚注 [ ] []• 『PonPon』での歩の回想では浅葱と萌葱の対立と奈川一家の引っ越し理由が「祖母の介護か何かで揉めた」と曖昧になっており、叔母と自分の関係も覚えていない。 『PureMail』で判明。 虐待された両親の内、少なくとも母親だと圭が思っていた女性は圭の実母ではない。 美紀が給料を圭とのデート代に注ぎ込んでいることが『クロイズ』で泰介により語られている• おたぽる. 2017年2月23日時点のよりアーカイブ。 2017年2月23日閲覧。 圭との関係を知られると「母と同じ淫蕩の血筋だ」とりんを罵って手を挙げられる。 『スノラデ』における萌葱の「書類では、神楽のお父さんはいませんって書いてあるんだから」という台詞から。 浅葱の夫である重蔵が妻と歩の関係を知り、その報復に神楽に手を出して妊娠させ、浅葱は自分が歩にしてきたことを棚に上げて夫と関係を持った神楽に対して怒り狂ったため、余計に話が拗れた。 神楽と違い、歩の子は産んでいない。 同い年であるはずの舞や踊子は『サマイズ』では瞬と比べると若々しく描かれており、瞬は2人より少し老けた感じでチンピラ風に描かれている• 実の娘と認識していないのか、若葉との間の娘の内の1人である二葉とは肉体関係を持っており、プロポーションの良い二葉が刹那より年下であることを知ると非常に驚いており、年齢すら知らなかった模様。 胎児は父親は実弟、歩との子である。 歩との肉体関係を踊子に目撃されてショックを与えてしまい、『サマラデ1』では姉妹関係がギクシャクしていたため、踊子はサマーラディッシュを手伝うことに難色を示していた。 しかし、その代償として理奈と理央を止に連れ去られ、親権を奪われてしまう。 神楽によれば、踊子の近親者に関する倫理観・価値観は異母姉弟に当たる止と恋愛して子どもまで産んでいる母、萌葱から大きく影響を受けていることが作中で語られている。 そのため、神楽を攻略すると、瞬が不在の際、ムキになった神楽に自分の方が理央より瞬が好きだと言って張り合い、母娘喧嘩になったことが理奈によって語られる。 『サマラデ2』で止の性奴隷となるはずであった江幡夏日も作中で実齢はぼかされているが、おそらく義務教育中の中学生に満たない年齢である。 ありすのことは忘れてしまうほど疎遠になっており、娘を産ませたことも憶えていない。 『サマラデ2』のストーリー序盤で止にりでるが名乗った際、姓を聞いても「鷹司?はて、どこかで聞いたような?」とすぐに思い出せず、りでるの母ありすとはこの時点でかなり疎遠になっており、初花にりでるの父を尋ねられてもはぐらかしている。 事実上の異母兄弟ではあるが、恐らく止はりでるを認知しておらず、空とりでるは戸籍上では血縁関係の記載がないため結婚できた。 ただし、作中ではが示唆されている。 姉妹達の容姿は陰ではっきりと見えないが、「」に登場するヒロイン達に酷似している。 「サマラデ2」のテキストによると表向きは止の孫ということになっている。 第1話での光の台詞より。 「サマラデ2」のりんの台詞より、神楽は始の妹弟達には始の本当の死因をひた隠し「病死した」と話している模様。 沢越止が伊能神楽を売春させて金儲けをしていた時期であり、校長はその客の1人。 神楽の身体を使って校長を取り込み、学校の女生徒達を自分へ提供させることが止の目的だった。 なお、校長は神楽とのセックス中にした上、神楽に渡るはずだった財産は彼女を籠絡させた止に全て奪われている。 『サマイズ』での台詞より。 外部リンク [ ]•

次の